昨日までで一級建築士の受験申込の受付が終了し、今年もいよいよ7月末の学科試験、

10月の製図試験に向けて、受験講義が本格化する。

さっそく今夜は、本年度の一級建築士製図コースの全体講師会議@日建学院水戸校。

 

例年通り、まずは課題検証やら採点基準、指導要項、日程等の確認。

20120515

こう言った資料も日建学院の場合DVD化されていて、全国各校でバラツキがないようなシステムになっている。

 

一級建築士の試験内容が大幅改正されて今年で4年目になり、

過去3年間で試験内容とその対策も見えて来た感じなので、

学校も講師もやるべき事は昨年通りと言ったところで、いつもより短めの講師会議で終了。

 

指導要項はDVD化されていても、各講師に任せられる指導範囲がかなり広いのが、

この製図講師業の楽しいところで、水戸校3人の講師でも指導は実際結構違うはず。

 

ボクの場合は他の講師と違って、自分で資格学校に通った経験も無いし、講師経験も一番浅いので、

ボクが指導出来る事と言ったら、勤めていた時に身につけた設計の能力をベースに、

一級建築士に相応しいプランニングはどういう事か、指導するくらい。

幸い、勤めていた事務所には資格学校の講師より優秀な上司、先輩がたくさんいたので、

そのあたりは十分教えられている・・・はず・・・(本当か?苦笑)。

 

水曜コース二年目の今年は担当する学生数もかなり少ないので、

全員合格目指して(いや毎年目指しているけど・・・)、講義を進めます。

{socialbuttons}

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here