コルビュジェが生涯に設計した106の住宅・210のプランを、

ただひたすら図面化、模型化して、それを年代順に紹介している

41TFHEC65EL._SS500_.jpg

図面はスケールこそ1/400に揃えられているが、室名や寸法、方位などの情報は一切なし。

本当に、ただ・・・ひたすら・・・平面、立面、断面、模型写真のみ。

 

しかし、初期の石造の住宅から始まり、やがて有名な近代建築の5原則・・・

ピロティ、屋上庭園、自由なプラン、横長連続窓、自由な立面・・・、

に至る過程を、この400ページを超えるプラン集から読み取ったり、

労働者のためのちっちゃな住宅でさえも、流れるような動線や、

一体的な空間構成になっているのを見たり・・・、

特に、仕事の参考にするわけでもないのだが、

この本を読んでいるだけで、頭がスッキリする(笑)。

 

設計の仕事、特に住宅の仕事をしていると、

目の前の即物的な課題に日々追われることになるので、

こういう単に空間構成のみ、論理的な思考のみに・・・どっぷりつかれる本を、

頭の方が欲してくるらしい(笑)。

 

冗談抜きでただのプラン集なので、

これから住宅を建てようと考えている人には、全く参考にならない本です(笑)。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here