二日間のASJのイベント参加も終わり、さーて仕事だ、と行きたいところだが、

明日は明日でNCNから招集がかかっているため東京出張・・・。

今月からスタッフも一人増え、仕事は順調に捗っているが、

正直、あと二人くらいスタッフが欲しい感じ(苦笑)。

しかしまぁ、いつまでもこんなに忙しい事もないだろうから、自分で頑張るしかないのだが。

 

この二日間のイベント参加中、何回か同じ事について説明を求められたので、

おさらいというか、自分の頭の中も整理する意味でまとめておきたい。

 

聞かれた事は、

ハウスメーカーに頼む場合と建築家に頼む場合の決定的な違いは何か?

という事。

ハウスメーカーを工務店や地元ビルダー、または大工さん、と置き換えてもいい。

要するに「施工業者」に頼むのと「設計者=建築家」に頼むのと、この違いは何か、と言うこと。

イベントの時はすらすらっと話す事だが、いざ書くとなるとかなり長くなりそうなので、

今週、何回かに分けてまとめたい。

(というか、さすがに疲れて全部今夜だけでまとめきれないだけ(笑))

 

キーワードは「契約形態の違い」。 

住宅に限らず、何であれ一つの建築が出来る場合、

そこには「建築主」と「設計監理者」、「工事施工者」の3者が存在し、

この3者には「建築主」<==設計監理契約==>「設計監理者」と、

「建築主」<==工事請負契約==>「工事施工者」の二つの契約が存在している。

聞かれた「決定的な違い」というのは、この二つの契約形態に違い、に集約される。

 

つづく。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here