新築の住まいが竣工すると次は庭づくり。

本当はすぐにでも庭づくりに入りたいところだが、

大きな落葉樹のシンボルツリーを植える時期は、

樹の葉っぱが無く冬眠状態の、やはり今ぐらいが一番植えやすい時期になる。

 

昨年竣工した水戸市千波町のS邸も、ようやく今から庭づくり。

今日はU邸の庭の樹を買っているイソヤマ園芸さんにその打合せ。

20110126i.JPG

S邸は分譲住宅地にあり、土の入れ替えが必要なくらい土がかなり固めなので、

配置図で土を入れ替える部分をおおよそ伝え、

後日、現地調査をイソヤマさんにしてもらい、庭木を合わせて見積もってもらう。

庭木の選定も、好みの樹のイメージを伝え、イソヤマさんから提案してもらうことになった。

 

ひたちなかのジョイフル本田に行くと、

イソヤマさん以外にも造園屋さんがたくさん店を出しているが、

パッと見て分かるくらい、イソヤマさんは落葉樹の比率が高く、

この時期は、どれも葉っぱが落ちているので、他の店に比べるとかなり寂しく感じるが、

それがむしろ「落葉樹ならうちに来な」と言われてるかのよう。

 

店いっぱい山取りの落葉樹を置いているくらいなので、

ボク好みの樹形が綺麗でシンボルツリーにぴったりのものが豊富なのだが、

シマトネリコのような常緑樹は本当に少ないので、常緑樹を探す人には不向きかもしれない。

そのあたりは、庭にどんな木を植えるか予めイメージして、

造園屋さんを探す方が良いと思う。

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here