WORKS

WORKS

WORKS

20080622.JPG

今日は日建学院が終わった後、笠間に戻ってH邸の初回プレゼンテーション。

H邸は事務所が併設される住まいなので、駐車場も通常より多かったり、 事務所をどこに構えるか、LDKとどのように関係付けるか、 事務所の上には子ども部屋を避ける、等々、プランニング課題の多い住まい。 こういう時こそ、しっかり敷地の現況を分析し、建物と駐車場の配置を洗いざらい検討してから、 いくつか可能性のあるものを1/100レベルでプランを作ってみる。

ただし、時間はかけず、スピード勝負。今回はヒアリング後、1週間。 殆どの場合、こんな時は一番最初の案が最終的に残る案になる。 直感と言ってしまうとそれまでだけど、やっぱり最初の案に優る案が出ることはまず無い。 今回も一番初めに考えた案。

すっきりと複雑な全体が合理的におさまった良い案が出来た感じがした。 面積も2割コンパクトにおさまり、 事務所にいながら家族の気配が感じられる、アットホームな事務所になる。 何より、事務所とLDKがワンフロアにおさまったことが大きい。

パースは珍しく夜景。白っぽい外壁をパースにする時は、 光をあまり上の方から当てるとグレーの壁に見えるので上45°くらいから当てるが、 そうすると、今度は逆にガラスに光が反射して内部が見えなくなってしまう。 今回の提案は、LDKと事務所がオープンな階段ホールをはさんで、 各々のスペースを障子でゆるく仕切るところが売り。

昼間のパースでは内部が見えないが、夜景だと家具や障子がしっかり見えた。 提案は微修正を加えるだけで、ほぼOK。ご夫婦ともに気に入ってくれた。 あとは、ボクの過密スケジュールを何とかするだけだ(苦笑)。

WORKS

20080529.JPG

先日17日に設計の相談を受けたH邸。 http://www.u2sekkei.jp/blog/2008/05/17/#000233 その時にいくつか出てきた課題について、 なんとかクリア出来そうな目処がついてきたので、 正式に設計を引き受けさせて頂くことになった。 敷地は水戸市見川町。50号バイパスからも視認出来る、 非常にアクセスの良いところで、 なおかつ周囲にはまだ緑や田畑がたくさん残っている住環境も良いところ。 今回は事務所と住まいの併用住宅。 ご主人は非常に仕事が多忙な士業の事務所を営んでいる方で、 これからの自分の仕事の環境を整えるために、 この場所に事務所を構えたいとのこと。 まさに事務所併用住宅を建てるにはうってつけの土地で、 ボクの事務所を構えたいくらい(笑)。 若いご夫婦にぴったりの住まいを考えたい。

WORKS

20080505.JPG

ようやく旧笠間市内にも、まともに店を構える不動産会社が出来ます。

(仮称)かさま情報館。 場所は工芸の丘に上がっていく道沿いの、 笠間小学校前の道から入るとすぐに見えるところ。 世間は狭いもので、オーナーの小林さんは、鮨あい澤のオーナーの同級生。 あい澤の敷地は小林さんの紹介だった・・・。 おまけに小林さんは元ツジタさん(水戸の不動産会社)にお勤め。 ツジタさんはU邸の前の建売の販売主だった・・・。 今回は小ぶりな事務所(延べ12坪)だったので、 さくっと計画図とパース書いて、さらっと確認取って、 ポイントで現場巡回。 笠間で土地をお探しの方はかさま情報館へ。

WORKS