高場S邸

外観1

takabas_gaikan1

 

外観2

takabas_gaikan2

 

内観1

takabas_naikan1

 

内観2

takabas_naikan2

 

内観3

takabas_naikan3

 

内観4

takabas_naikan4

 

内観5

takabas_naikan5

高場S邸

本日10時より、高場S邸の引き渡し。

 

8月の下旬に建築工事が着工し、9月下旬に上棟してから、昨年内いっぱい大工工事が入っていたので、

本当に一時期は年明け1月末の補助金実績報告に間に合うかどうか心配だったが、

正味半月ちょっとで見事に完成。大工工事の丁寧な仕事のおかげで出来映えも素晴らしい。

 

一通り、設備の取扱説明や書類の説明が終わると、

ちょうどタイミング良く薪ストーブの設置に宇都宮からファイヤーワークス北関東さんが到着。

早速煙突の仕上げにかかる。

20120127ts1

ようやく煙突らしい立ち姿が見えて来た。

ストーブを積んである車を覗くと、

20120127ts2

最近のネスターマーチンS43には薪が転げ落ちないようにガラスをガードする金物が中に入っている。

単に置いてあるだけなので、今からでも後付け可能なモノ。U邸にも是非欲しいアイテム。

 

一緒に積んできてもらった1立米の薪も、

20120127ts3

バルコニー下にちょうど良い具合に納まっている。

 

この後、ブラインドの取り付けや家具の搬入が予定されていたが、

一旦、湯崎の現場へ・・・。

 

湯崎の現場から田彦の現場へ寄って、再び高場へ。

家具が入っている。

20120127ts4

子どもたちの椅子はもちろんストッケ。大人はアリンコシェルチェア

そしてペンダントはルイスポールセンのAJロイヤル

その他にもセブンチェアもあったりと、まさにオールスターキャスト。

これだけ揃っていると、リビングにもきっとそのうち、AJフロアあたりが置かれるはず(笑)。

 

そして、施主が若かりし頃購入した真っ白のBテーブルがW1000のタイプだったため、

家族5人で座れるようにしたいと、今回、家具屋さんにエクステンションをオーダーした。

素材はナラの集成材。Bテーブルの白とのコントラストは抜群に綺麗。

それにしても、これだけの家具の中にオーダーを混ぜるなんて、

なんという身の程知らずの設計なのか・・・、

と思いつつも、大きさが合わない、古くさい、デザインが飽きたから、と言って買い換えるより、

この方が遥かにエコロジーな発想だと思う。

 

途中、震災も影響もあり、通常よりも長期間に及ぶ住まいづくりになりましたが、

まだ外構なども残っておりますので、今後もよろしくお願いします。

本日はおめでとうございました。

高場S邸

高場の現場はいよいよ明日引渡し。

20120126ts2

4本引きの障子をオープンにするとリビングと和室が一つのスペースになる。

照明もちょうど良い明るさ。

 

20120126ts1

キッチン周りはスポットライトのLEDの照度が少し足りないようなので、

元々器具に付いていたランプに何ヶ所か交換。キッチンの足元をタイル貼りにしたいとの要望だったため、

アイランドキッチンにはタイルもアイランド状に貼らないと違和感が出ると判断して、

このような貼り方になっている。

 

明日の引渡し後には薪ストーブやブラインド、家具も入る予定。

高場S邸

本日、ひたちなか市内の現場で検査が二つ。

午前中は高場S邸の完了検査。

現場に行くと12月中旬くらいまでの姿が嘘のように、ほとんど完成している。

20120117ts1

残りは建具や電気工事などが少し残っているくらい。

20120117ts2

これなら無事、月末には引き渡しが出来るはず。

 

途中、かなり冷や汗ものの出来高だった時期もあったが、

それぞれの工事の出来も良く、安心して引き渡しを迎えられる。

もちろん検査は無事合格。

高場S邸

S邸の現場ではクロス屋さんが二人で作業しているので、あっという間に天井が仕上がっている。

20120111ts1

壁も明日、明後日くらいには仕上がるか。

 

外ではウッドデッキも完成。

20120111ts2

いちおう、クリアで塗装済みらしいが・・・、

外壁と同じ色にするか、それともこのまま放置すれば半年もすればグレーになるはずなので、

それはそれでグレーの壁の色と揃ってくる感じもする。ちょっと悩ましいところ。

高場S邸

さらに記事を読む...

1 / 6 ページ

最初
1