馬渡M邸

11月30日の元吉田町K邸の引き渡しから始まって、12月12日幡町I邸、15日北沢S邸、19日門井O邸、22日吉沢町I邸と5軒の引き渡しが完了し、いよいよ今日が年内最後の引き渡しとなる馬渡M邸。1ヶ月で6軒も引き渡しがあると、今年の初めに引き渡した高場S邸や田彦O邸が、もう遠い過去に感じるほど・・・(苦笑)。

 

ひたちなか市内にもずいぶん多くの住まいを設計してきたが、その中でも馬渡はここで既に3軒目となり、なにか不思議な縁を感じる場所。

20121224mm1

2階LDK。長さ4間半の大きな窓の前には緑が広がっており、延床面積が30坪にも満たない住まいとは思えない開放感と広がりがある。2階にあるので天井も高め。

 

20121224mm3

こちらはキッチン側。ペンダントの下にダイニングテーブルが置かれる。

 

20121224mm2

キッチンと作業台は家具屋さんの製作。オーダーキッチンなどというたいそうなモノではないが、それでも家具屋さんが作ったキッチンは塗装も綺麗で寸法の精度も高く出来ている。

 

20121224mm4

1階が個室になるが、個室も普段はオープンに出来るように建具だけで仕切られている。

 

20121224mm5

今回初採用のプレーンなガルバ。使い方を考えればかなりカッコいい外壁材になる。

 

20121224mm6

玄関へのアプローチ。道路より敷地の地盤が900mmくらい高いので、そんな敷地なりのアプローチ空間とした。建物本体の基礎は深基礎として、通常の基礎よりかなり大きめ。

 

外構やテラス工事がなかなか進まずに申し訳ありません。年明け早々に中身を詰めますので、今後ともよろしくお願いします。本日はおめでとうございます。

馬渡M邸

午前中、馬渡M邸の窓枠の採寸。カーテンやブラインドと言った遮蔽装置は窓枠にジャストサイズでないとおかしいので、ボクが紹介したインテリアショップに御願いする事が多い。価格的にもその方がメリットがあるので。通常は図面を先に送っておいて、あらかたどの窓にどんな種類の・・・、カーテンにするかバーティカルにするか、木製ブラインドにするかロールにするか等々、仮決めしておいて、実際に現場に採寸に来てもらって、その時に色や種類を最終決定する。ブラインドどうするか色どうするか、まで関与しなくてもいいような気がするか、住まいの印象に大きく影響するので、出来るだけ立ち会うようにしている。

 

工事の方は、

20121210mm1

照明も粗方取り付き、造作キッチンも、

20121210mm2

搬入済み。

 

U邸の食洗機も含めて最近やたらとあちこちから「食洗機が故障した」と聞くので、ここの食洗機の付いていないキッチンを見ると、やっぱりこれが正解なのかなと思えてくる。食洗機はあまり耐用年数の長い機械ではないとわかっていたが、それにしても故障するのが早すぎる。食洗機を導入する方はそのあたりは了解済みとして採用した方が良いと思う。

 

馬渡M邸

月曜日は午後から学校なので、その前に現場巡回。馬渡M邸はクロス工事中。

20121126mm1

ちょうどボクが現場にいる間、2階の天井を貼っていたでの、今日で2階、1階の天井あたりは進んだところか。クロスの貼ってるところもしばらく見せてもらったが、天井にクロスを貼るのはなかなかアクロバティックな作業。脚立の上で体をエビぞって貼ってるので「ふらっとしたら階段の吹き抜けに落ちそうだなー」などと余計な心配をしてしまう。ただ、M邸の2階は梁が現しになっていてクロス同士のツナギが出ないので、意外に貼りやすそうだった。

 

次は吉沢町I邸。雨なので外構工事はお休み?養生中か?

20121126yi1

アプローチと駐車場の1台分が出来ていた。アプローチの正面がリビングのサッシなので、目隠しに板塀を設ける。内部では、

20121126yi2

洗面器が登場。totoのsk106。このsk106は・・・隠れた人気キーワードで、ボクのサイトへ来る人の検索キーワードで、ガルバの外壁と並んで上位にランクされている。I邸はまさにそのどちらにも検索される住まい。

 

このふたつの住まいも年内引き渡しで、来月4日には完了検査を受検する予定なので、給気口とか火災報知器とか・・・忘れずにお願いします(笑)。

 

馬渡M邸

吉沢町I邸に続いてこちらも木工事が終了。

20121112mm1

M邸が地盤改良工事や基礎工事に時間がかかった分、I邸がおよそひと月くらい工事が先行しているので、I邸は現在既にクロス工事に入っているところ。ただし、M邸も引き渡しが年内のため、工事は急ピッチで進み、本日木工事が終了となった。いよいよこれから内部の塗装や仕上げの工事に入る。

 

馬渡M邸

外壁工事も終わり、内部も順調に進んでいる馬渡M邸。いつも通り、月曜日の今日は現場定例打合せ。

上を見上げると、

20121015mm3

ダークグレーのアルミパネルのようなクールな表情で、想像以上にカッコいい。

でも、下を見ると、

20121015mm1

光の当たり具合によっては落ち着いた感じのダークブラウンにも見えたり、

逆光から見ると、

20121015mm2

やっぱりグレーに見えたりと、見る角度、光の加減によって色味が変わるという面白い外壁材で、

当初は同じガルバの濃い茶色を選ぼうか迷ったが、そっちのサンプルが意外と安っぽく見えたので、

検討した結果、こちらの色が採用となった。結果は大正解。

馬渡M邸

さらに記事を読む...

1 / 3 ページ

最初
1