非常勤講師

非常勤講師

非常勤講師

非常勤講師

今日は1級建築士の学科試験日。

ということは、今年も1級建築士の製図試験の季節がやってきた。製図の試験は10月12日。 今年の課題は「ビジネスホテルとフィットネスクラブからなる複合施設」。

A建築士の耐震偽装問題(ビジネスホテルもあったはず)に、 最近のメタボ対策ブームを加えた課題か? 教える方の身としては、ビジネスホテルもフィットネスクラブの設計も、 大阪勤務時代にいくつも実務で経験済みなので、 非常に組みやすい相手、という感じ。 そこで業務連絡です。

8月から10月初めまで、 製図の講義で日曜日は終日(8:30~18:30)日建学院水戸校で缶詰になりますので、 日曜日の打合せが一切出来なくなります。

講義の予定としては、 0.8/3(午後~) 1.8/10(終日) 2.8/24(終日) 3.8/31(終日) 4.9/7(終日) 5.9/14(終日) 6.9/21(終日) 7.9/23(終日) 8.9/28(終日) 9.10/2(夜間) 10.10/5(終日) 11.10/7(夜間) 12.10/8(夜間) 13.10/9(夜間) この他、夜間の開放教室に行ったりするのが週2日ほどあります。

設計業務の進捗自体には影響無いのですが、 なかなか身動きが取りにくくなる場合がありますので、 これも、一人でも多くの優秀な建築士を育成するためだと思って、 関係者の皆様には、何卒ご理解をお願いいたします。

非常勤講師

1月半ばから始まった今年度の一級建築士学科コースも、 来週で講義の方は終了して、7月に入るとテスト漬け(合格日程と呼ぶらしい)に入る。

来週はその合格日程のガイダンスが講義の最後に組み込まれるので、 ボクの方の問題解説・質疑応答は今週の水曜・日曜で終了。 これからは平日の講義の方は日建工科の講義だけになる。

今年度から日建工科の講義を二つ持つことになったので、 4月からは工科×2コマ+学院・一級学科を受け持っていた。 しかも工科の新しく担当した建築積算の講義の方向性を模索しつつ・・・。 建築積算という非常に実務的な科目は、何を教えれば学生のためになるのかが難しく、 下手をすると単に数量拾いだけで、ひたすら計算する、と言うつまらない講義になる。 なんとか、もっと学生が積算に興味が湧く講義にならないものか・・・と。

実務に繋げつつ、建築の仕事そのものの楽しさ、厳しさを教えたい。 机上の計算だけ教えるくらいなら専門学校の講師なんてやってる意味がないんだから、 少し出遅れたけど、ボクなりに考えた講義を進めたい。

非常勤講師

さらに記事を読む...

4 / 5 ページ

4