赤塚K邸

今月末竣工予定の赤塚の現場の朝。

DSCN9963_145

朝日が当たると眩しいほどのガルバの外壁。外部は木製玄関ドア以外終わり、目下内部の仕上げ工事中。今日あたりからクロス業者さんの登場か・・・。

既にアパートも今月末で解約手続きを済ませたとの事なので、完了検査も23日に予約をして、後は工事の進捗次第。

(施工:直営工事)

赤塚K邸

毎週木曜日は早朝より赤塚K邸の現場へ。大工さんが朝6時半ごろまでには現場に来ていると言うので(苦笑)、それであればボクも笠間の事務所へ行く前に現場に寄ります、という事になった。今日は躯体検査と現場からの質疑対応。

DSCN9977_407

先に瑕疵担保の躯体検査は合格になっているらしいので、大きな問題は無かったが・・・、あとで大工さんに要相談箇所が2,3あり。

DSCN9988_408

棟木を受ける梁を入れているので、天井の貼り方が悩ましいところ。最上部だけ平らに貼るのもありか・・。

(施工:直営工事)

赤塚K邸

大安吉日の本日10月18日、水戸市赤塚でK邸が上棟した。

DSCN9807_388

延床面積は33坪と比較的コンパクトな住まいのはずが、K邸だけ前面道路に対して間口6間、奥行き3間という平面プロポーションで、間口が3~4間で奥行きが深めのご近所さんが多いなか、K邸は周りと向きが90度異なっており、ずいぶん大きな住まいに見える。

住まいの向きが90度異なっている理由は、分譲地全体が南西に緩やかに下がっており、周りは南西の隣地に向けて住まい、駐車場を南側の空地部分に作っているが、K邸だけ南東側の道路に向けて住まい、北東部分の空地に駐車場にしている。そうすることで敷地と前面道路との高低差の少ないところに駐車場をつくる事が出来て、造成を大きくいじることも無く、なおかつ住まいも南東向きになり、冬期も午前中の採光が期待出来る住まいになる。ボクからすると建築計画のセオリー通りにプランニングしているつもり。

16時ごろには無事棟木まで終わり、片付けを済ませて簡単に上棟式を催行。

DSCN9808_389

本日はおめでとうございました。

(施工:直営工事)

赤塚K邸

本日7時より赤塚K邸の配筋検査。もちろん監督さんも同席で。こういう時間帯に動いてくれる監督さんがいると時間のやりくりが非常に助かる(苦笑)。

DSCN9485_107

住まい全体のボリュームは総2階建てなので、基礎の配筋は平屋に比べてかなりがっっっちり。

DSCN9468_108

いつもそうだが何カ所か補強筋が抜けていたのでその部分に鉄筋を追加してもらう以外は綺麗に鉄筋が組んであるので問題無し。

DSCN9475_109

いままで長期優良住宅の構造審査でも指摘が出たことが無い人通孔部分の補強筋。底盤にD13を6本ほど追加しているが、いくらなんでもここまではいらないやろーというレベルの補強。指摘の根拠が全く解らなかったが、ちょうどお盆休みを挟んだりして審査期間がノビノビになったので、反論する暇も無く言われるが儘になってしまった。次回以降対策を考えないと・・・。

(施工:直営工事)

赤塚K邸

7月27日、大安吉日。水戸市赤塚にてK邸の地鎮祭が執り行われた。

DSCN8850_074

この写真見るだけでも暑さが伝わると思うが(苦笑)、9時から始めたにもかかわらず、神主さんも参加者も皆汗だくに成ながらの地鎮祭となった。

本日はおめでとうございました。

赤塚K邸