見川5S邸

今日は昼から見川5丁目の現場定例。いきなり暑いのなんのって・・・(苦笑)。

最終の色検討中の外壁サンプル。

DSCN7869_102

左がN-15、右がN-10でどちらも色味の入っていないモノトーン。N-10が黒でN-15が1段回落としたグレー。1段回落としたくらいでは見た目全然わからない(苦笑)。もう1段回落としてN-20がちょうど良い感じか。外壁材自体は普通のサイディングを使うが、現場塗装で仕上げる事で外観の色をオリジナルで仕上げる事が出来るのが良いところ。

DSCN7860_106

屋根も棟処理除いてほぼ完了。ギングロも今日くらいの暑さだと目玉焼き出来るくらいになる(苦笑)。

DSCN7862_104

バルコニーの防水処理も終わっている。2階のバルコニーが1階よりオーバーハングしているので、ふつーに外壁まわりに縦樋を落とすと出来上がった時に結構目立つので、縦樋を外壁の内側に落としてバルコニー床を貫通させて、外観上の影響が出ないようにしている。そのため、大雨降ってもバルコニーの下に万が一にも雨が入らないように、床から塩ビ管を立ち上げている。

DSCN7855_107

内部はどんどんボード貼りが進んでいる。天井は屋根なりの勾配天井で最終的には杉板で仕上げる事になるが、ボクの設計では標準的に木住協仕様の省令準耐火構造にしているので、一度全てPBを貼るようになっている。天井の下はオープンにして廊下と子ども室が空間的に連続するため、天井下の梁や小屋束が現しになり、省令準耐火構造であっても木質感のあるインテリアになるはず。

DSCN7867_103

2階の防音室。その割に窓が3つも付いている(苦笑)。内部のドアはいちおう防音仕様で壁にもグラスウールは入っているが・・・。

(施工:大貫工務店)

見川5S邸

 

本日見川5丁目の現場で建て方。先週半ばころの天気予報だと今日は雨っぷりだったが、その後なんとか雨は避けられそうだったので、予定通り朝8時から作業スタート。前面道路が幅員4mの位置指定道路なので、ご近所からクレームが出ないように気を付けながらの作業だったが、17時前には屋根の合板まで貼り終えて今日の作業は終了。

DSCN7305_073

今夜の雨に備えてブルーシートですっぽり。バルコニーも含めて囲っているのでずいぶん住まいが大きく見える。

本日はおめでとうございました。

見川5S邸

見川5丁目の現場で朝から配筋検査。

DSCN7111_067

DSCN7104_068

DSCN7110_069

総2階のボリュームなのでベタ基礎の配筋はD13の150mmピッチ。区画の一番大きなLDK以外は200mmピッチでも計算上OKだったが、鉄筋の納まり上、全て150mmピッチに変更となった。施主からすればよりしっかりとした基礎になる。

予定通り進めば今月16日に建て方となる。

見川5S邸

今週月曜日に遣り方検査を行って、その後基礎工事に入っている見川5丁目・S邸の現場の施工は、今回初めて、大洗町の大貫工務店さんの請負。隣近所は住宅が建ち並んでいるところなので、現場の仮設など支障がないかどうかちょっと近くに来たついてに寄ってみると・・・。

DSCN7081_057

しっかりと仮設も出来て、これならご近所からクレームが出たりする事もなさそうだ。前面道路が位置指定道路という、基準法上の扱いは公道扱いでも、所有は水戸市ではなく道路に接している住宅全ての共有道路なので、工事によって道路際のL型側溝を壊したりすれば、当然現状回復が必要になり、多少お金はかかっても車を乗り入れやすくする方が工事としては正解だと思う。

DSCN7064_058

残念ながら工事監理者氏名がボクの名前になっていないのは減点か(苦笑)。せっかく昨年末に念願の一級建築士に合格した監督さんなんだから、このへんはきちっと理解して欲しいところ(笑)。

DSCN7079_056

道路を土で汚さないため、車を止めるところが保護されている。

DSCN7075_054

採石を転圧中。基礎屋さんには防湿シートを敷かない事は既に監督さんから伝達済みだった。

DSCN7077_055

根切りで出た土のあまりの綺麗さにびっくり。売れるくらいの黒土じゃないか?捨てるのがもったいないくらい。基礎屋さんも石一つ入っていない良い土だったと感心していた。これなら地盤も問題ないはず。

天気の影響が出なければ、来週月曜日には配筋検査の予定。

見川5S邸

今日は建築吉日・友引の日曜日とあって、今年最初の地鎮祭、今年最初の上棟式、今年最初の設計契約とお祝い事が3つ重なり・・・、翻って今年最初の見積が出た住まいは減額の打合せとなり・・・(苦笑)、落ち着いて打合せが出来たのは夜の札幌ビデオ会議のみで、朝からバタバタとした一日だった。

そんなこんなで10時から見川五丁目で地鎮祭。

DSCN6582_032

メールのフォルダーを見てみると、偶然にも初めて施主からメールを頂いたのが昨年の1月18日。そこから土地探しを一緒に始めて、土地の売買契約が7月31日。8月から約4ヶ月で設計を行って、見積・金額調整に1ヶ月、ちょうど1年で地鎮祭を迎える事になった。

施工は今回初めて大洗町の大貫工務店さん。初めてと言っても設計事務所の住宅の施工は今までも実績があるので、こちらとしてはいつも通りの工事監理となるはず。ちなみに片仮名のオーヌキさんとは全く別の会社で、過去に専門学校の卒業生や資格学校の卒業生が在籍しているつながりで見積を依頼した、という経緯。

とにもかくにも本日はおめでとうござました。来月早々から本格的に着工しますので、残課題のご検討もよろしくお願いします。

見川5S邸

3 / 3 ページ

3
最後