見和M邸

内装仕上げのクロスが貼り終わった。

20120830mm1

住まい本体の方はもう少しで完成なので、今日は現場で外構打合せ。

もう8月も終わりだと言うのに、全員滝のような汗・・・。

 

外構も合わせて9月中には終わる予定。

 

見和M邸

お盆休み明けから見和M邸は塗装工事が入るので、

今日で大工さんたちは一旦現場から抜けてもらうことになる。

20120810mm1

今日の今頃は足場もバラされ、外観も良く見えるようになっているはず。

見和M邸

されど雨樋。いや、ホントは雨樋なんてどうでも良いのかもしれない。

ただ、竣工した住宅を見ると、意外に目立つ場合がある雨樋。

 

昔の建築詳細図集などにも雨樋を工夫した事例が多々掲載され、ずいぶん見た記憶はあるが、

中々、自分で考えた樋周りを採用するのは、まだまだ怖い、という意識を持っている。

なにしろ濡れるところなので、後々のクレームが出そうで怖い・・・。

 

そんなこともあって既製品の雨樋で出来るだけ形のシンプルな樋を使う事が多い。

20120802mm2

見和M邸は軒が出てないので、四角い樋にしている。

軒が出ている場合は半丸を使う事は多い。

 

ただし、片流れの長~い屋根の場合は排水量が多いため、この雨樋より大きい樋でないと溢れてしまったり、

寄せ棟の場合は四角や半丸だとシンプル過ぎて屋根から浮いて見えたり、

やっぱりこのシンプルな樋は値段も結構高いので、コストも考えながら、雨樋を決める事にしている。

見和M邸

木曜日は見和の現場定例の日。

20120726mm2

着々と造作工事が進んでいる。

さすがにいつも片っ端から造作しているサンハウスさん、仕上がりがとても綺麗。

お盆前には造作も一段落し、その後、クロスが貼られると一気に完成形が見えてくる。

見和M邸

先週から始まった外壁工事もほぼ終了。

20120705mm1

ライトグレーのサイディングは天気によって、光の当たり方によって色の濃さが変わって見える。

 

内部は天井もだいぶ進んできたところ。

20120705mm2

今日はユニットバスも搬入され、設備工事も順調に進んでいる。

見和M邸

さらに記事を読む...

2 / 5 ページ

2