Utsu Blog Section

されど雨樋。いや、ホントは雨樋なんてどうでも良いのかもしれない。

ただ、竣工した住宅を見ると、意外に目立つ場合がある雨樋。

 

昔の建築詳細図集などにも雨樋を工夫した事例が多々掲載され、ずいぶん見た記憶はあるが、

中々、自分で考えた樋周りを採用するのは、まだまだ怖い、という意識を持っている。

なにしろ濡れるところなので、後々のクレームが出そうで怖い・・・。

 

そんなこともあって既製品の雨樋で出来るだけ形のシンプルな樋を使う事が多い。

20120802mm2

見和M邸は軒が出てないので、四角い樋にしている。

軒が出ている場合は半丸を使う事は多い。

 

ただし、片流れの長~い屋根の場合は排水量が多いため、この雨樋より大きい樋でないと溢れてしまったり、

寄せ棟の場合は四角や半丸だとシンプル過ぎて屋根から浮いて見えたり、

やっぱりこのシンプルな樋は値段も結構高いので、コストも考えながら、雨樋を決める事にしている。

見和M邸