見和M邸

「そろそろ寒くなってきたので薪ストーブに火を入れたい」とオファーが届いたので、早速今日の夕方、打合せも一通り終わった後、見和M邸へ訪問し、なぜかボクから薪ストーブの取扱説明を行った。

20121027mm1

ところが、ちょうどタイミング良く、ファイヤーワークスさんから「明日行きます」と連絡が来たので、一応取説も行いながら、慣らし運転の1回目を行う。

 

換気扇が回っている音なんて全然しなかったので、気にせず着火すると・・・、どうも煙が室内側に流れてくる・・・。おかしいと思って聞くと、キッチンのレンジフードが常時換気モードになっていた。めちゃめちゃ静かなので全然気がつかなかったのに、空気の流れは非常に正直・・・。

 

今日のところはそういった空気の調整方法くらい説明し、正式な説明は明日のストーブ屋さんの説明に譲り、新築の住まいでしばしのんびり・・・。

 

見和M邸

早速、見和M邸の竣工写真が永井写真事務所さんから届きました。

 

外観1。

miwam_gaikan1

 

外観2。

miwam_gaikan2

 

内観1。

miwam_naikan1

 

内観2。

miwam_naikan2

 

内観3。

miwam_naikan3

 

内観4。

miwam_naikan4

 

内観5。

miwam_naikan5

見和M邸

大安吉日の本日10月13日、見和M邸が(株)サンハウスさんから当家へ引き渡された。

20121013mm1

震災の前の年の秋ごろから土地を探し始めてかれこれ丸2年。

途中、当然ながら震災により土地探しもストップしたが、ちょうど1年くらい前に土地も決まり、

ようやくここまで辿り着いた感じで、ご夫婦もさぞ安堵している事だろう。

 

今回は、薪ストーブは当然として外構も家具もブラインドも全て終わった状態での引き渡しなので、

早速今日から住み始めて頂けるらしい。

 

住み始めると、どこか不具合も出てくると思いますが、今後とも末永いお付き合いをよろしくお願い致します。

本日はおめでとうございました。

 

見和M邸

明後日にオープンハウスを控え、見和M邸には庭にアオダモ、アオハダも植えられ準備万端。

 

ちょうど先程近くを通りかかったので立ち寄ってみると、

内部もすっかり綺麗になり、薪ストーブやブラインドも据え付けられ、家具も一部搬入されている。

20121006mm1

ラウンジピットのライン照明がめちゃめちゃ綺麗。ここでストーブの火を見ながら呑むお酒はさぞ美味しいだろう(笑)。

是非ここにはマリメッコのクッションと、ロロスツイードのブランケットを使って欲しいところ。

 

ダイニングテーブルは、

20121006mm2

無垢のナラ材で造ってもらった特注品。天板も薄く見せて実は厚さがあり、かなりの重量。

どこで造ったかは内緒・・・(苦笑)。

 

こちらはロフト。

20121006mm3

と言うより、書斎。かなり贅沢な書斎。障子を開けると目の前に煙突が現れる。

今までどちらかというとロフトは子どものスペースだったが、ここは大人のスペース。

 

あまり見せすぎるとオープンハウスの楽しみも無くなるのでこのへんで~~。

 

見和M邸

4月から工事が始まった見和M邸も建築の方はほぼ完成し、今は現場が外構工事に入っている。

20120913mm2

隣地境界は分譲地全体で共通仕様の化粧CB+アルミフェンスとして、道路側のみ板塀としている。

今回は舗装から塀、芝生、薪小屋、植栽まで全て終わらせてから引き渡す予定。

 

内部の方は、

20120913mm1

床の養生も剥がされ、真新しいパインの床材が朝陽に照らされ眩しい。

 

見和M邸

さらに記事を読む...

1 / 5 ページ

最初
1