Utsu Blog Section

今月30日にお引き渡し予定の東海村・船場H邸。建物内部はぼぼ完成し、今は外構工事と一部外回りの木工事の最中。今週中にはアナウンスするつもりだが、来週再来週と二週に渡りオープンハウスも開催する予定なので、最後の手直しや床の塗装、薪ストーブの取付などをこれから行う段取りになっている。おまけに当家のご配慮により、家具も一部搬入して頂ける事になったので、いつものオープンハウスより雰囲気が出るはず。

外観。

DSCN9807_01

どうしても平屋の場合・・・、大宮F邸のように余程横に長いか、佐和I邸のように坪数が大きくないと、どうしても少し腰高に見えるのは仕方が無いところだが、これからその腰高感を軽減するような外構工事を行う予定。

LDK。

DSCN9792_01

特徴的なのは寄棟屋根らしさを出している隅木がアラワシになっているところ。丸柱から向こう側がダイニングスペースで、ここにこれからストーブが取り付けられる。

DSCN9794_01

LDKの外部には大きなウッドデッキ。デッキの幅は軒の出1800mmに合わせてあるので、かなり広々。フルオープンのサッシにはこれから木製の戸袋が付く。

DSCN9797_01

リビングにはスキップフロアになる書斎スペースがあり、ここに上がるとLDKが見渡せる。まさに一家の主のスペース。

DSCN9798_01

もはや説明不要のオールステンレス製作キッチン。

DSCN9800_01

洗面カウンターもちょっとした工夫をする事で広々と使えるようになる。

DSCN9805_01

もう一カ所の手洗い。こちらは玄関に設置。手洗器は笠間の陶之助さんから購入。基本的に水栓はあまり特殊なデザインを使わないようにしているが、焼き物の手洗器に合わせてブラックを洗濯。

DSCN9803_01

LDKにある3つの掃き出しサッシは全てフルオープンタイプ。風も抜け、空ければウッドデッキも広がっている。

DSCN9802_01

廊下も仕上がり、さらに上に抜ける感じになってきた。中廊下とは思えない明るさ。

(施工:(株)オーヌキ)

船場H邸