美原N邸

大安吉日の本日7月18日、午後3時30分より美原N邸の上棟式が執り行われた。

 

前々日の7月16日に粗方建て方を済ませており、17日の朝に現場に行くと、

20110717mn

既に一部垂木まで掛け終わっており、今すぐにでも上棟式が出来そうなくらいだが、あいにく・・・、

7月17日は、次週24日に一級建築士の学科試験を控えている監督さんが模擬試験の日なので、

中休み。

 

今日のメインは鉄骨階段の据え付け。

現場に14時半過ぎに行くと、既に階段も終わっており、屋根には上棟セットも見える。

20110718mn

さいわい今日は、近づきつつある台風の影響でいつもよりずいぶん風があり、

事前にご近所へ餅まきの案内をした事もあって、3時過ぎにはご近所さんが続々と・・・。

 

上棟式は施主から棟梁を始めとする職人さんたちへ感謝の気持ちを形にする儀式にもかかわらず、

集まったご近所さんも「今どき珍しいよねぇ」と口を揃えるほど見かけなくなったが、

ご近所へのご挨拶も兼ねられるので、大事にしたい儀式だと思う。

 

予定通り15時半から上棟式・餅まきを行ったが、

予想以上にご近所さんがたくさん集まって頂いたおかげで、

餅やお菓子などはいつもと同じくらいオーヌキさんに用意して頂いたにもかかわらず、

少し足りなかったか?と思えるほど盛況な上棟式となった。

 

延べ床30坪の中身の濃い住まいなので、これからも設計段階以上に(苦笑)、

中身の濃い打合せが続くと思いますが、これからもよろしくお願いします。

本日は上棟、おめでとうございます。

美原N邸

18日の上棟を控え、昨日から土台敷きが始まった美原N邸。

20110715mn

さっそく柱が立って、横架材も掛け始まっている。

 

普通、建て方は手伝いの大工さんを呼んで一気に行うが、

ずいぶん下準備するんだな、と見ていると・・・、

N邸の大工さんは大沼町K邸を建ててくれた武野棟梁で、

どうやら棟梁に手下、ではなく弟子がついたらしく、

棟梁が弟子に建て方を教えながら進めている。

 

明日16日にはほとんど建て終わり、18日に鉄骨階段の搬入・組み立ての予定。

久しぶりに五色の吹き流しを見たい!という方はぜひ上棟式を見に来てください。

ただし、水分補給は各自十分に。

美原N邸

今週も美原の現場では青空定例打合せ。

先週、サッシの変更するところを決めたので、早速今週はサッシ屋さんへその発注。

細かな寸法の確認やガラスの種類、付属金物の確認などをしていくと、

あっと言う間に建具表が真っ赤になっていく。

 

打合せの後、現場の確認。

20110712n

設備の先行配管が終わっているが・・・、

もう少し床の下地との調整を考えて配管した方が、大工さんの仕事は楽になったかもしれない。

 

18日(月・祝)はいよいよこの現場も上棟式を迎えるので、

最後の灼熱の・・・青空定例が無事終わった(苦笑)。

美原N邸

朝から現場で施主も含めて現場定例打合せ。

サッシの発注を前倒しでするため、サッシの最終確認。

保留だったダイニング南側のサッシも2枚の引き違いに決定した。

 

現場は基礎工事が完了。

20110705mn1

鉄骨階段の基礎も出来上がっている。

施工精度が求められる仕事なので、基礎屋さんも大変だったはず。

これで上棟時に階段を据え付けられる。

 

鉄骨階段があると、施工中にも使えるので(もちろん段板がある場合のみ)、

施主の家族も2階に上がりやすくなるところがメリット。

美原N邸

美原の基礎工事もおおよそ形が見えてきた。

 

住宅にしてはやたらと土間の多い住まいで、

20110630n2

リビングも土間に何やら箱抜き部分があったり、

20110630n3

キッチンも土間、

20110630n4

土間じゃないのはこの4.5帖の和室くらい。トイレも土間。

 

ダイニングも土間で、真ん中に鎮めモノが置かれている。

20110630n5

このあと、夕方の豪雨でどうなったか、知りたいところ(苦笑)。

 

近くに行くとこぢんまり見えるが、

20110630n6

正面の道路から見ると、意外に大きく見える。

 

明日にも基礎が全て完了し、18日に上棟を迎える。

予定では上棟時に鉄骨階段も建て方するので、

餅まきに参加したい方(笑)は、ボク宛にメールをください。折り返し案内図を送信します。

美原N邸

さらに記事を読む...

4 / 6 ページ

4