美原N邸

竣工したのはもう3年前になるが、笠間市美原に新築されたN邸の竣工写真が永井写真事務所さんから(株)オーヌキさん経由で届いたので、何枚か抜粋します。せっかく外構まで終わっての撮影なんだから、もうちょっと緑が繁々してる時の方が良かったなー(苦笑)。

外観1

gaikan1

正面から見るととても住宅には見えないが、1階は正真正銘のヘアサロン。所謂店舗併用住宅なんだが・・・正確には店舗兼用住宅と言うべきか。

外観2

gaikan2

南へ回るとバルコニーらしきものがあるので少しは生活感が感じられるが、物干しは壁で囲って屋根を抜いている。外壁はジョリパットのゆず肌と杉板貼り。色は何だったか・・・エボニー?小さく「canro」と店舗名が入っている。

外観3

gaikan3

夜景。ヘアサロンというよりお酒でも出てきそうな雰囲気(笑)。

内観1

naikan1

カフェスペース兼ダイニングスペース。普段の生活ではここは家族4人のダイニングだが、ある時はカフェスペースに早変わり。店舗仕様として杉の厚板を床材にしている。ここはもちろん土足で階段に上がるところから上足で、階段の下に下足箱がある。床の色味が良い感じ。階段横のタタミスペースは普段はリビングとして、時にはチャイルドスペースとして使用。

内観2

naikan2

東と南に大きな窓があるので、とても明るいカフェスペース。左手がヘアサロンの出入り口。

内観3

naikan3

正真正銘のヘアサロン。完全個室のプライベート空間なので、ゆったりと髪のお手入れをして欲しい方にお薦め。

内観4

naikan6

ヘアサロンに求められる機能を集約した収納スペース。右手にシンクもあり。カウンターの高さはボビーワゴンの高さに合わせてある。

内観5

naikan4

いちおう住宅のキッチン。かなり業務用的。

内観6

naikan5

2階は完全にプライベートスペース。

内観7

naikan7

ダイニングの夜の雰囲気。ちょっと明るすぎ?

ヘアサロンと週末カフェスペースも含めて延床面積30坪に納まっている住宅は、設計よりも住みこなしている当家のスマートさの賜物だと思う。もちろん設計も現場監理もめっちゃ大変だったが(苦笑)、その甲斐あって中身の濃い住まいになったと思っている。

 

美原N邸

東日本大震災の影響により2ヶ月間の中断期間を経て、本日、笠間市・美原に建つN邸が、

施工者の(株)オーヌキさんより引き渡された。

 

これから植栽工事も含めて施主直営の工事に入る予定なので、

その前に現時点での完成状況の写真をアップします。

 

外観1

20111127mn1

アプローチ正面から見ると、白い閉じた箱状のボリュームが黒い壁に支えられ、

その間に出来た空間が、外に対して大きく開かれている。

 

外観2

20111127mn2

白い箱は横から見ると規則的に開けられた窓が整然と並んでいる。

黒い柱状の箱は設備配管スペース。

 

外観3

20111127mn3

反対側の1階は黒い壁。ファサード(正面)だけ色分け・貼り分けするのではなく、

ボリュームごとに、その構成をより明確に見えるようにしている。

 

内観1

20111127mn4

リビングの収納。建具屋さんが担当の家具工事と、電気屋さん担当の壁埋込エアコンや、

設備屋さんが担当の給排水工事が絡んでいるので、工事の難しさは相当なモノ。

 

内観2

20111127mn5

キッチンの対面カウンター。ここも家具工事と電気工事、ステンレスの厨房機器が絡んでいるので、

難しさは言うまでもない。

 

内観3

20111127mn6

2階へ上がるスチールの階段。奥に置かれているのは下足箱。

 

内観4

20111127mn7

階段横の和室。和室と言っても畳くらいしか和の要素は無く、引き戸にいたってはポリカの框戸にしている。

押入も本来の襖紙ではなく、壁と同じクロス貼り。

 

内観5

20111127mn8

オールステンレス製のキッチン。

業務用大手の○シザキや、ステンレスのシステムキッチンで有名な○リナップではなく、

町のステンレス屋さんに製作してもらった手作りステンレスキッチン。こちらはシンク側。

水切り板が載っているので解りにくいが、3槽シンクになっている。

 

内観6

20111127mn9

同じくキッチン。こちらがコンロ側。コンロは業務用。その他は全て製作キッチン。

抽出をひく時に感じる、重厚で、それでいてストレスのないスムーズな操作感を言葉に表すのは困難・・・。

 

考えられる限りのところは全て手作りで創った住まいになったと思う。

現場の監督さんの苦労は・・・筆舌に尽くしがたいほど・・・。

 

現場が始まって6ヶ月間、監督さんもご家族も、本当にお疲れさまでした。

これから少しずつ家族の色に染めていってください。これからも長いお付き合いになると思いますので、

今後ともよろしくお願いします。

 

本日はおめでとうございました。

 

宇津建築設計事務所

宇津義和

美原N邸

今月末に引き渡しを控えて、内部の細かな微調整と、外構工事が同時に進んでいるN邸。

20111115mn1

外構工事の土間コン打ちで一番嫌がられる100mmのスリットが、縦横に入っている(苦笑)。

「もうこの目地はやりたくない」と言いながらも、仕上がりはきれい。

 

隣面を見ると、

20111115mn2

黒い柱が完成している。

 

近づいて見ると、

20111115mn3

中には排水管やエアコンからの配管がぎっしり。内部が見えるようにルーバー状にしてある。

このルーバーは、見習い大工のさかもと君が取り付けたのが一目でわかるくらい、

ビスの頭の打ち込み具合がバラバラで(苦笑)、とても人様にお見せできる代物ではないので、

責任感の人一倍強い彼は、次の休みの日にこっそり美原の現場に来て、

ビスの頭を締め直すはず(笑)。

美原N邸

いつもは朝8時半からの定例を、照明が点くようになったので、

検査も兼ねて17時からN邸の現場定例。

 

20111101mn1

まだ大物の家具工事や木製建具が入っていないので、

最終的にはこれとはまた、がらっと雰囲気が変わるはず。

 

20111101mn2

ライティングすると開口部が際立って見える。

外構が出来て家具やブラインドが付いて完成するのが待ち遠しい。

美原N邸

一日遅れの現場報告。

 

美原N邸の外壁が仕上がった。

20111011mn1

吹き付けが厚吹きでないので、下地モルタルの不陸が出ないか心配だったが、

ほぼパーフェクトな仕上がり。これだけ綺麗だと相当不陸調整をしてもらったはず。

エボニーに塗装した板貼りとのコントラストと大きなサッシによる抜けた感じが、

その上に立ち上がった白いボリュームのマッシヴさを際だたせている。

たぶん関係者一同、早く足場を外した姿を見たいと思っていると思う。

 

美原に行く前にはいつも通り小原の現場。ちょうどこの日は待ちに待った屋根のガルバ葺き。

20111011oo1

アプローチが細い路地状敷地なので、ガルバを積んだトラックが入れるか心配だったが、

無事建物際まで寄りつくことが出来た。4人で作業するようなので、一日かからず葺き終わるはず。

今回の色味は白とブラウン系。金属系はサッシも含めてダークに、木部はやや明るめにする予定。

美原N邸

さらに記事を読む...

1 / 6 ページ

最初
1