笠間H邸

昨年の4月から設計をスタートして丸一年・・・とちょっと。笠間市内に建築中だったH邸が、本日、施工者である同じ笠間の大月工務店さんから当家へ引き渡された。

外観

DSCN9848_556

設計スタート時は・・・何というか、野球のホームベース型のような平面形状をしていたが、関係各方面からのご意見を承り(苦笑)、ホームベースに長方形を食い込ませたような平面に落ち着いた。ただし、そのために、ボクの事務所で使用している木構造計算ソフトでは対応不可能となり、急遽、長期優良住宅ではなく認定低炭素住宅という、長期優良住宅の省エネだけを強化版にしたような認定住宅となった。

LDK

DSCN9864_566

手持ちの階段箪笥の上にハシゴを載せて、小屋裏収納に登るという仕掛けが、出来ているはず。床材は佐和I邸同様に地松のフローリング。色味が明るい木なので、濃い色味の手持ち家具が際だって見える。今や希少な国産床材という安心感も大きい。

DSCN9862_564

キッチンはオールステンレス製。シンク下にチラッと見えるのはまな板ラック。一見今までのキッチンと同じように見えるが、よーく天板を見ると、

DSCN9867_568

3mmの厚いステンレス板を使って、端部を曲げ加工無しで納めている。洗剤ポケットのくぼみのあたりの角も今までより角がきっちり出ている感じもする。

今回はこのステンレス製加工品をかなり多用しており、

DSCN9851_557

室内物干しはもちろん、

DSCN9854_558

洗面カウンターにも使っている。毎朝洗髪する場合はTOTO・SK106は使えないという設計屋の意見に聞く耳を持って頂けず(苦笑)、106の周りが濡れても大丈夫なようにSUSでカウンターを作り、洗髪可能なように、なんと洗面用の水栓では無くバス水栓を付けろという、執念のSK106洗面カウンター。

DSCN9859_559

さすがにトイレにはSUSはないが、手洗い器は笠間焼きの手作りの一品。風合いは良いが、

DSCN9856_560

水が溜まって完全に排水されない。正直言ってこういう事があると設計屋としては非常に困るので、基本的には・・・笠間の設計屋としては大変申し訳ないが、ボクから笠間焼きの手洗い器をお薦めする事は一切無い。使用したい場合は自己責任でお願いしている。

DSCN9857_561

便器背面のデッドスペースも、

DSCN9858_562

無駄なく使えるようになっている。大工さんの力作。

照明器具も適材適所配置してあり、ダイニングキッチンに色違いのトルボー120が3色、

DSCN9860_563

寝室にはドゥーワップのグリーン。リビングに付く芦屋のflameに頼んでいるfrasco+hangerは納品まで3ヶ月待ち(苦笑)。

本日はおめでとうございました。明日も伺いまーす(苦笑)。

(施工:大月工務店)

笠間H邸

引き渡しに向けて現場も佳境の笠間H邸。既にステンレスキッチンも納品済み。

IMG_0146_544

H邸のキッチンはダイニング側も全てステンレス貼り。通常は木工事でカウンターを作って、キッチンユニットを取り付けるが、木工事との取り合いが無いので、そういう意味では現場としては扱いやすい。

IMG_0149_545

作業側はいつも通りかなりオープン仕様だが、シンクの下の、

IMG_0145_546 

まな板用のラックが新兵器。いつ見ても出来映えはピカイチ。

(施工:大月工務店)

笠間H邸

朝イチで水戸市役所に寄ってきたので、事務所に行く前にステンレスキッチンの製作状況を確認に。

DSCN9709_147

メインのフレームが出来て、これからダイニング側と側面のパネルを貼るところ。そのパネルの貼り方が予想以上に難しいらしく、側面のパネル固定のための溶接をどこでするか、ダイニング側の長さ2,500mmのパネルのベコつきをどうやって無くすか・・・。一旦は製作側の意見を取り入れようかとも考えたが・・・、ふと既に出来ていた作業者側の幕板を見ると、

DSCN9713_149

パネルがフレームの内側納まりになっていて、非常に綺麗に磨いてあるので、これはこれでアリの納まりだなーと。なので、急遽、側面とダイニング側もこの幕板の納まり同様にパネルをフレームの内側納まりにしてもらう事に。

いつもは天板もt1.0mmのステンレスにして、端部を折って強度を出しているが、今回はt3.0mmで端部は折らない。

DSCN9711_148

天板の厚みが見えるだろうか。仕上げはいつものバイブレーション加工。他にも今回は洗面カウンターもステンレス。

DSCN9712_150

ステンレスの天板に、のせる洗面器はこれまたいつものTOTO・SK106。

(施工:大月工務店)

笠間H邸

先日の日曜日、11月8日に笠間市笠間のH邸の建て方を行った。前日までの天気予報では午後から雨だったが、予報に反して朝から雨・・・。それでも月曜も火曜も天気が悪そうだったので、これはもう進めるしかない、という事で雨天決行。

IMG_20151108_161803_135

打合せも終わって現場に16時に到着した時は既に棟も上がって、施主に聞くと14時過ぎにはお清めも済ませ、少し早めに大工さんたちも上がった、とのこと。雨の中の作業、お疲れさまでした。

本来であれば屋根の方に進みたいところだが、断熱材が濡れてしまうので、今週はちょっと厳しいか。天気とにらめっこしながら進めるしか無さそうだ。まずはここまで。上棟おめでとうございました。

(施工:大月工務店)

笠間H邸

DSCN9903_396

同日15時より同じく笠間で配筋検査。三角の住まいらしい基礎(苦笑)。

(施工:大月工務店)

笠間H邸

さらに記事を読む...

1 / 2 ページ

最初
1