稲田K邸

昨日・一昨日の二日掛かりで、ひたちなか市・稲田に建築中のK邸の建て方を行った。

DSCN9575_034

一日目は構造フレーム。こちらは予定通り無事構造垂木まで完了。そして二日目では屋根下地がメイン。

DSCN9595_035

本来は防水用のルーフィングまで行きたかったところだが、何しろ43坪の平屋で、しかも平面形状はコの字型、屋根形状も可能な限りシンプルな設計にしているが、それでも屋根の作業量としては佐和I邸以来のボリュームなので、ルーフィングまで行けるかどうか微妙か、と考えていたが、やはりルーフィングまで行かず。とりあえず雨をしのぐために、この後、ブルーシートを掛けて終了。

その屋根下地、どうしてそんなに時間がかかるのかと言うと、屋根の断面構成がこれでもかというくらい重装備な設計にしているから。その構成が次の写真。

DSCN9601_037

通常は「桁」の上の「垂木」と「野地板」の上にルーフィング+ガルバ。「断熱材」は天井の上に載せる天井断熱方式にするが、ボクの事務所では内部空間を最大限活用するため屋根断熱を標準的に設計している。そのために、構造用合板の上に「断熱材」を貼り、断熱材の上に「通気層」を確保するため、構造用の垂木の上にもう一本、「通気用の垂木」を打って、最後、一番上の野地板は、耐久性・耐熱性を考慮して「杉のザラ板」を貼り、ようやくこの上にルーフィングを貼る事になる。ここまで重装備の屋根の仕様は県内中見渡してもボクの事務所だけのはず。当然その分費用はかかるが、ここはどうしても・・・ボクとしては・・・削れない費用。これをからないと、ロフトが暑いし、雨の音もスゴイことになる減額のために削減したことは一切ない部分になっている。写真をよーーく見ると、通気層の奥の方にかすかに光が見えると思う。これが通気層がちゃんと確保出来ている証拠。

設計事務所の仕事というと、デザインなどの華やかな部分を見られがちだが、ボクの仕事の大半はこうした住まいの性能に関することで、コストバランスを考えながら、いかに長く快適に住んでもらえ、ずっと愛着を持ち続けてもらえるようにするにはどうしたらいいかと、日々考え続けることになる。

今日は先勝、午前中が吉日なので・・・本日は上棟おめでとうございました。

 

(施工:(株)大貫工務店)

稲田K邸

やっと・・・配筋検査。それにしても9月の雨の影響はあまりにもひどい・・・。

DSCN9918_006

K邸は基礎の高さが地盤面から600mmとしている。通常は400mmなので1.5倍の高さ。たたでさえコの字型の平屋、しかも40坪を超えているので、配筋が出来上がった時の基礎の大きさとしては、佐和I邸以来の驚き。完成したらメチャメチャ大きくなるなぁ・・・(苦笑)。

 

(施工:(株)大貫ハウス)

稲田K邸

本来であれば9月中旬から基礎工事に着手するはずだった、ひたちなか市稲田に建つK邸の基礎工事がようやく始まった。

DSCN9824_172

同じひたちなか市内でも、同時期にスタートしたU邸は勝田駅近くの中心市街地。かたやこちらは森の眺めながらの住まいになる。

(施工:(株)大貫ハウス)

稲田K邸

朝イチでひたちなか市の現場。今日は地盤改良工事の施工立会。

既に気温は30℃を超えているが、

DSCN9653_01

現場全体が木陰に覆われており、風もあって夏の朝としては比較的快適。杭の打設位置が配置図と合っているか確認し、

DSCN9659_01

高さの基準であるベンチマークも指示。今回は隣地境界杭の天端として、天端から設計地盤高さがいくら上がるか、地盤高さからベタ基礎がいくら下がるか、間違い無いように再度確認。

DSCN9661_01

改良体搬入。杭の本数が過不足無いか確認。今日は全部で193本。これが一日で終わるところがこの工法の良いところ。さらに全く残土が出ないところが良い。

DSCN9667_01

杭の長さが設計通りか確認。

DSCN9677_01

杭の材種や肉厚が設計通りか確認。

DSCN9669_01

杭打設後、杭頭にかぶせるキャップが杭本数と合っているか確認。当たり前の事だが、全て確認して施工開始。

DSCN9679_01

このあと、10本程度打設状況を確認して、しっかり支持層まで到達している事を確認して一旦笠間の事務所へ・・・。

午後から東海村の現場定例なので、終わってから再びひたちなか市に。既に130本くらい終わり、残り60本。

DSCN9701_01

念のため、打設本数を確認。

そして5時半前には最後の1本。

DSCN9706_01

無事完了。それにしても暑い一日だった・・・。

(施工:(株)大貫工務店)

稲田K邸

お盆を迎える8月になる直前の7月30日、ひたちなか市稲田にてK邸の地鎮祭が執り行われた。

開始時刻が神主さんの都合により11時からだったので、目の前に雑木林のある敷地でも、

DSCN9993_01

地面に張られた地縄も霞むほどの・・・暑さ(苦笑)。それでも、写真には写っていないが、用意してもらったテントのおかげで、滞りなく催行完了。

DSCN9995_01

本日はおめでとうございました。暑い中、お疲れさまでした。

(施工:(株)大貫工務店)

稲田K邸