Utsu Blog Section

木曜日の午後は常陸大宮で現場定例。F邸は広い常陸大宮市の中でも比較的南に位置するため、現場からの帰り道、久しぶりに瓜連H邸にお邪魔した。

H邸が竣工して早5年。5年前と言えば東日本大震災の年で、当時、H邸はクリーニングも終わり、引き渡し間際の状況。3月11日当日も、朝イチでH邸の現場定例に行き、昼過ぎにその状況をブログに書いている。

瓜連H邸-クリーニング

幸い、大地震による被害も少なく、4月初旬には当家へ引き渡せたが、肝心の電気がなかなか使えるようにならず。それでも引き渡しの次の日の、小学校の入学式にはなんとか間に合った。その子がもう6年生・・・。

H邸は・・・「平屋」というキーワードで画像検索した人がH邸の写真を見て、ボクに設計を依頼して頂いたほど・・・ボクの事務所にとって、ゲスな言い方をすれば「人気商品」になった住まい。当時のボクにとっては、震災のおかげでH邸のオープンハウスが出来なかったのは事務所の営業的にはなかなかのダメージっで、1ヶ月くらい前に告知したオープンハウスの予約も満席だった。

引き渡し後に外構工事を行い、庭に木を植えたのが夏の一歩手前で、当時の様子は竣工写真でよくわかる。

IMG_8226_2

アプローチのすぐ横に植えたのがカツラ。カツラは育ちが速いのでどんどん大きくなると聞いていたが、

IMG_0159_551

5年でずいぶん大きく、そして樹形も綺麗になった。葉のボリューム感も良い感じで、

IMG_0161_552

♡型の葉っぱが女子所帯のH邸にぴったり。外部をぐるっと一回りして見ると、

IMG_0163_553

木部は一度施主自身で再塗装を施しているが、外壁のサイディングはいたって綺麗な状態を保っている。特段手入れは無し。このサイディングは今は無きウベボード。既に会社は解散済み

IMG_0166_555

周りが畑なので、さすがに目地のコーキングは黒っぽくなっているが、サイディングが綺麗だとそれも特に気にならない。

IMG_0165_554

汚れらしい汚れと言うほどではないがあえて探せば、窓の下に薄らと雨だれのような汚れくらい。写真がほとんど見えないほど。

内部も当時と変わったところは、パインの床材や現しの柱梁が良い感じに焼けているくらいで、建具の不具合なども無く、想像以上、と言うかまさかこれほど竣工当時と変わっていないとは・・・。せっかくなので、庭のアオハダが緑になった頃、もう少しマシなカメラを用意して伺わせて頂きたいと思う。

瓜連H邸