Utsu Blog Section

先週撮影した瓜連H邸の竣工写真の一部を公開します。

 

南側外観。

IMG_81820

当日は曇り空だったため、内部の撮影はしやすかったが、

外壁が白いH邸にとっては空と外壁の差がないので、

空の画像を入れ替えてもらうと、

IMG_8182

畑まで芝生に変わっている(笑)。

 

庭に寄ったアングル。

IMG_8196

植えたばかりのアオハダが綺麗。

 

もっと寄ると、

IMG_8204

リビングが庭に大きく開いている感じがよくわかる。

休日になると家族みんな、ウッドデッキの利用率が高くなる。

 

道路側外観。

IMG_8222

カーポート横にカツラが植えてある。

IMG_8226

カーポートを建築本体といかに馴染ませるかという課題は、設計者にとって頭の痛い課題で、

建築と切り離して独立させる、屋根勾配を合わせる、周りをドライな感じに仕上げる、

と言ったあたりが解決策になる。

 

LDK。

IMG_8247

広さとしては24帖で、中央の丸柱でゆるく全体のゾーンを分けている。

 

LDK2。

IMG_8255

撮影用に引き戸を閉めているが、実際はいつも開きっぱなしで使っているはず。

引き戸を開けると・・・主婦感動のサニタリースペースが隠されている。

ここは非公開。

 

LDK3。

IMG_8274

片流れの勾配を利用してロフトを設けている。

ここは子どもたちが自由に使えるように壁の仕上げはシナベニヤ。

 

ダイニングの背面にタタミスペース。

IMG_8278

横からスリット状に光りが入り、風がよく抜ける。

 

薪ストーブはPECAN。

IMG_8291

玄関のシューズボックスも製作して建築のテイストに合わせている。

 

最後に、

IMG_8299

やっぱり庭。このスペースの心地良さは誰もが共有出来ると思う。

 

建築は、自然から我々の生活を守るためにつくるシェルターだが、

だからといって、外部の自然環境を全て遮断してしまって、

内部に人工環境を作り出せば良いという訳ではない。

 

・・・設計としては遮断する方がはるかに簡単だが・・・、

敷地条件を活かす、という事がもっとも環境に配慮した建築になるはずで、

建築というモノ自体は経年のなかで劣化していくが、

住まいに入ってくる、風や光は劣化する事はない。

瓜連H邸