Utsu Blog Section

「外壁は白に」と言われるが少なくない。年に何回かは必ず言われる。「白っぽく」ならいいが「「白に」と言われると、なかなか難しい。既成のサイディングなどには「白」はほとんど無く「白に近い」色がほとんど。汚れやすいからラインナップされないのかもしれない。なので、「白に」となると選択肢は、「塗装・左官系」か「金属系」になる。

 

左官で仕上げた「白い壁」が小原O邸。O邸は色味が入っていない「白い」塗り壁。若干コテむらが残っている左官壁なので、経年変化で少しずつ変色していくはずだが、それを味わいと見てくれるならお薦めの「白い壁」。

 

金属系は吉沢町I邸。離れて見ると凸凹が感じられないが、実際は凸凹している。ただし、ガルバリウム鋼板の外壁の良いところは汚れにくいところ。左官に比べれば、はるかに汚れにくい。

 

金属系の外壁を凸凹をおさえた「白い壁」を目指したのが東大沼町K邸。

20130131hk2

少し離れるだけでかなりフラットな感じに見えてくる。

 

実際は、

20130131hk3

細かなストライプが入っている。これくらいの折り曲げをつけないと、ガルバがベコつくのだろう。むしろ繊細な雰囲気も出ている。「白い壁」にしたいが、汚れるのが心配、という人には一番向いている外壁かもしれない。

 

外部は足場も取れて、今日明日には大工さんもあがり。

20130131hk1

現場には左官屋さんや塗装屋さん、畳屋さん、クロス屋さんなどがひっきりなしに出入りしている。通り抜けの土間もモルタルが塗られて段々雰囲気が出てきた。

 

東大沼町K邸