札幌T邸

今月13日に杭工事を行い、翌14日から基礎工事に取りかかっている札幌の現場で、昨日は第1回目の現場打合せ。

7日に低炭素住宅の認定、10日に札幌版次世代省エネ住宅の補助金交付決定が出ているので、打合せに行く前に札幌市役所へ行って書類の受領。どちらの申請も初めての申請だったので、いつも長期優良住宅の認定は取得しているとは言え、かなり手応えのある申請業務だった。どちらも無事完了して安心出来たところだが、工事完了後に気密測定があり、こちらも初めてなので多少ドキドキするが(苦笑)、施工の拓友建設さんにしてみれば、いつも気密1.0以上確保しているので、どうってことないレベルらしい。

現場に行くと既に布基礎のベースコンクリートは打設済み。今は立ち上がりの型枠を設置中。

DSCN8796_063

当然ながら、基礎も外断熱なので、断熱材を先に貼っている。

DSCN8808_064

断熱材の厚さは75mm。基礎の立ち上がり幅が150mmなので、いかに厚いかわかると思う。断熱材はスタイロフォームFGという、熱抵抗値のトップクラスの断熱材。かつ、北海道の場合、凍結深度がGL-600mmという基準があるため、

DSCN8806_067

根入れが・・・最近見慣れない深さ(苦笑)。いつもはベタ基礎なので、基礎下端でGL-130mm。改めて北海道の寒さの基準を感じる。

DSCN8802_066

設備関係のスリーブも適切に設置されているので、現場での確認は30分程度で終了。

午後は拓友建設さんの事務所で、各専門業者さんたちと打合せ。その前に・・・昼食を取った後、事務所に行く途中、拓友さん施工の住宅を二つ見せてもらう。どちらでも感じたのは、北海道は外壁をガルバにする比率がこちらより多く、そのために外壁にガルバを・・・既製品のガルバではなく、

DSCN8809_065

単板のガルバを貼る事に板金業者さんが慣れているのだろう、ガルバの外壁の納まりが非常に綺麗にスッキリ納まっている。外壁にタテハゼのガルバを貼っている住宅も結構見かけるが、それぞれそれなりにスッキリしている。

13時半からサッシ、14時から給排水と電気、15時からプレカットと各々打合せを行い、17時に予定通り終了。次から次へと怒濤の質疑対応に・・・さすがに疲れたか(苦笑)。

工事の方は来月4日か5日あたりから現場に大工さんも入るので、次回は8月の18日か25日に札幌に行く予定。

(施工:拓友建設(株))

札幌T邸

先週金曜日7/10に、札幌市版次世代省エネ住宅に関する補助金交付決定が出たので、いよいよ今週から札幌の現場が動き出した。早速今週月曜日7/13、予定通り地盤改良工事を行った。

DSCF1961

地盤改良工事と言っても・・・建築地のある手稲区はなかなか地盤の良くないところらしく、これはもう杭工事。

DSCF1965

H型断面の既成コンクリート杭を使っている。なぜこんな杭を使用するかというと・・・、北海道の住宅を設計して見積が出てきて感じたことは、意外に断熱関係のアップグレード分などは思ったほど金額が上がらず、代わりに基礎工事の費用がかかっている。何しろ、凍結深度が地盤下60センチなので、基礎の深さをそこまで下げないといけない。通常、いま設計しているボクの住宅の場合、ベタ基礎下端レベルは地盤下13センチ。当然ベタ基礎ではなく布基礎になるため、必要な地耐力も50kN以上必要になり、そうなってくると、地盤改良しないとまず無理。さらにこのへんの地盤状況で、このような改良工事になってくる。改良工事費用は、いつもの改良工事費用のざっと2倍くらい。

DSCF1970

この杭を大型の重機で打ち込んでいく。

DSCF1967

日付が変わって火曜日7/14。基礎工事に着手。

DSCF1975

まずは床掘り。布基礎なので壁のあるところだけ掘っていく。

DSCF1976

基礎の底盤高さに合わせて杭頭をカット。

DSCF1981

凍結深度が確保出来ているか確認。

順調に進めば週明けには配筋検査の予定。

(施工:拓友建設(株))

札幌T邸

建築吉日友引の本日(と言っても既に昨日(苦笑))7月1日、札幌市手稲区に建築するT邸の地鎮祭が執り行われた。

地鎮祭に先立ち朝9時から、施工者である(株)拓友建設さんの事務所にて請負契約の締結を行った。拓友さんは施工管理に特化した工務店さんで、自社に問い合わせのあった住宅の相談も、知り合いの設計事務所さんに設計は全件お任せして、自社では一切・・・なんちゃって設計事務所のような仕事はせずに、本来工務店としてあるべき姿の、つくることに専念している、ボクからすると理想の工務店像を追求している工務店さん。ボク自身も施工は全く業務範囲にしていないので、お互い、それぞれの専門業務を特化する事で他社との差別化を図っている点でシンパシーを感じるところ。現に東京在住の有名建築家の住宅の施工実績もある。今回は遠方と言うこともあり、施工管理がしっかりしている工務店さんに決まった事で、たぶん札幌に行く回数は格段に減るはず(苦笑)。

請負契約が終わって11時から地鎮祭。今日の札幌は小雨交じりなのでテントの用意も抜かりなく、

DSCN8561_248

ただし、やはり、ところ変われば仕来り風習も変わり、いつもとは勝手が違っていて(苦笑)、

DSCN8558_249

これは地鎮祭を実際に経験した事がないとわからないか(苦笑)。

滞りなく地鎮祭も済ませて、後はいつも通り、配置の確認、設計GLの確認を施主にお願いして、終わってからご近所への挨拶回り。平日なので留守が多い。これは平日しか身動きが取れない設計屋に原因がある(苦笑)。

午後からは札幌市役所に行って申請中の次世代住宅の補助金申請や低炭素住宅の認定申請出し。

DSCN8567_250

この札幌版次世代省エネ住宅の設計確認にはシャレにならないくらいスタッフの時間を取られたが(苦笑)、今年から方法が変わった長期優良住宅の断熱計算方法などにも非常に参考になったので、これはこれで良しとして、さらには、茨城では考えられないほどの高断熱高気密住宅の設計も経験出来たので、事務所としては有り難い実績となった。

申請作業が終わって、再び拓友事務所で工程や早くも細かな納まりの相談をして、本日の全業務が無事終了。

(施工:(株)拓友建設)

札幌T邸

昨日はT邸の「札幌版次世代住宅性能評価申請書」を出しに北海道へ出稼ぎ。もちろん日帰りでー(苦笑)。茨城空港~新千歳空港だとどう頑張っても日帰りは無理なので、朝3時に水戸の自宅を出て車で成田空港へ・・・到着は4時30分。ナビの到着時刻は5時だったので、早朝だった分スムーズだったという事か。早起きは30分の得。しかも未だに例の事故のおかげで代車生活で(苦笑)。

今回の主たる目的地は・・・時計台・・・ではなく、

2015-05-20 09.46.50_041

その背景に見える札幌市役所。札幌には9時ちょうどに着いたが、市役所の駐車場が満車で停められないため、近隣の有料駐車場に停める事に。それでも予定より早く札幌市役所に着き、

2015-05-20 09.25.48_040

不足資料等も無く、無事申請書の提出完了。不足資料があるから提出出来ません、という最悪の事態は免れた(笑)。

それからすぐに現地へ向かい、去年の雪の現調のリベンジ、という訳でもないが、おかげで配置図だけ未済となっているので、境界杭の確認やら何やら・・・。

2015-05-20 11.54.01_054

改めて眺めるととても広い200坪の敷地。ただし、土地形状は直角三角形で道路は2方向。片方は河川敷の遊歩道で、現調している間も、散歩している人をずいぶん見かける、のんびりとした環境。

DSCN8141_043

もう一方の道路が敷地へのアクセス道路で、こちらの道路の横断面図が予想以上にこんもり傾斜しており、設計GLの高さをどうするかが悩ましいところだが、建物が建つあたりはほぼ平らな状況で、若干川に向かってゆるく下がっている。幸い、

DSCN8134_053

敷地と遊歩道の間にはしっかりとグレーチング蓋のある側溝があったので、勾配なりに外構を考えても、敷地内に雨水が溜まることはないだろう。

DSCN8148_045

敷地には汚水桝も入って下り、道路内には雨水排水桝も道路際にいちおう入っている。

DSCN8138_046

いちおう・・・流れるているはず。

敷地に対して建物の配置も問題無さそうなので、今の配置図に手を加えて、今週中には設計が完了する予定で、いよいよ来週から工務店さんに見積出しとなる。

午後からは、その・・・工務店さん数社へ訪問。ネットで調査して、設計事務所の仕事をメインにしているか、対応可能そうな工務店さんで、敷地からなるべく近くのところをピックアップ。事前に聞いていた通り、1社のみ秋ごろからしか工事に入れないとの事でお断りとなり、残り3社は有り難いことに・・・遠く離れた茨城県の設計屋が書いた図面でも見積をしてくれる事になり、今回の日帰り主張した甲斐があったというもの。

4社さんともそれぞれ1時間近くお時間を取って頂き、お互いの住宅設計の考え方などの摺り合わせもある程度出来たので、工事に入っても違和感なく進んでいくはず。課題は・・・ボクがどれくらい工事監理者として現場へ行くかだが(苦笑)、今のところは2週間に一度の予定。このあたりも概ねどの工務店さんも了解を得られた感じ。

17時に最後の工務店を出たあと、薪ストーブ屋さんへ向かうが・・・途中で水曜日は定休日だと気がつき(苦笑)、諦めて空港へ向かう事にした。

気がつけばいつも通り昼メシ食わずに夕方まで仕事をしてきたので、いい加減腹も減り空港で何か食べようとしたが・・・、成田空港からの帰り道は車の運転があるので・・・、結局ノンアルコール状態でジンギスカンや寿司をつまむ気にもなれず(笑)、ラーメンだけ食べて日帰り出張は完了。

札幌T邸

午後から東京で断熱のセミナーに参加。

2015-04-24 13.03.48_101

札幌市に建築するT邸は、茨城県では考えられないような高断熱の住宅にするので、その断熱気密の仕様に関して色々とわからない事が多く、調べられる限り調べながら設計は進めているが、それでも手探りの部分がかなり多い。やはり、地元の生の情報をこちらで入手するのには限界もあるので、認定申請が通る仕様にして一旦設計はまとめるが、見積を出して施工者が決定後に、地元業者とそのあたりの摺り合わせをして設計を見直す事になると思う。断熱は設計で計算して設定出来るが、気密は施工によるところが大きいので、「気密測定技能者従事事業所」に登録してある施工業者がメインになると思う。

今の目標は札幌市が独自の基準を作っている「札幌版次世代住宅補助制度(市民向け戸建て住宅)」に適合するようにする事。この制度、断熱と気密の性能等級を設定して、その等級に合わせて補助金をもらえるもの。最高等級のトップランナーに適合すれば補助金額は200万円になる。

今のところの認定住宅に対応するための熱損失係数は0.46だったので、早速札幌版の計算表で熱損失係数を計算するように指示すると・・・、全然0.5に足りていない(苦笑)。なんと1.1。ふつーにベーシックレベルしか取れていないじゃん。この原因は断熱材の仕様だけでなく換気の計算まで含めて計算するようで、とはいえ今も換気は熱のロスが無いように全熱交換型の換気扇を入れて計算しているので、さて、あとどれくらい等級をあげられるか・・・。トップランナーは厳しそうだなぁ・・・・。

で、今日はもっぱら気密工事のはなし。そもそも断熱って結露しないために施工するはずなのに、いま住宅業界では、高断熱住宅の結露が問題になっている。その原因分析や対応策が今日のセミナー。今までは気密工事は設計で計算するのではなく施工上の課題なので、ボクとしては積極的に対応は考えて来なかったが、さすがに札幌の住宅を設計するとなれば話は別で(苦笑)、札幌の住まいが完成するころには、北海道仕様の高断熱高気密住宅を売りに出来るくらいの設計屋になっているはず(笑)。

札幌T邸

さらに記事を読む...

3 / 4 ページ

3