札幌T邸

11月11日(水)、札幌T邸の完了検査の受検のため、5回目の現場定例に札幌へ出張。本体、外構とも、既に完成し、あとは多少の手直しを残すのみ。

DSCN9623_410

雨は上がっていたがどんよりとした曇り空で、最高気温は8℃。

DSCN9626_411

雪溜めスペース。片流れ屋根から落ちてきた全ての雪はここにストックされた後、となりの河川敷に・・・(苦笑)。理想としては土間の下に融雪パイプを設置して手間を掛けずに融雪する事だが、ランニングコストの高さを理由に使われなくなってしまう事が多いらしく、人力で除雪する事になった。

DSCN9631_412

27日には薪ストーブも設置される。

DSCN9639_413

こちらがアプローチ側。北海道で生活していくのにビルトインガレージは必須。

DSCN9636_414

厳しい北国に建つ木造住宅の外壁仕上げとしては、タイルとガルバがベストチョイスだと思う。

DSCN9642_415

玄関ドアも地元札幌の木製ドア会社さんのもの。半端無く断熱性能の良いスグレモノの木製玄関ドア。面材はタモでドアの厚さ60mm!当然重いのでレバーハンドルなんてちゃっちー取っ手ではなくステンレスのフラットバーを加工したもの。ドア錠がなんとローラーキャッチだけで、それでもぴたーっと閉まって気密を確保するという、素晴らしい木製ドア。是非とも今後、茨城でも使っていきたい。

DSCN9662_416

タモ乱尺のフローリング。これもこちらではほとんど流通していない床材。色味はナラより少し濃いめで、足触りはナラより少し柔らかめ。出来ることならこの床材もこっちで使いたいものだが、さすがにこれは難しいだろうな。

DSCN9648_418

子ども室上部のロフトに設けられた、吹抜に面する内窓。

次回11月28日(土)14時から、いよいよT邸も引き渡し。

(施工:拓友建設(株))

札幌T邸

札幌日帰り現場監理も残すところあと3回・・・。次回11月11日には完了検査を受検するので、今日は午前中のうちに札幌の検査機関に完了検査の申請。終わってから少し時間があったので、旧北海道庁に行ってみると、

20151028_103807014_121

北海道は秋を通り越してすっかり冬の雰囲気で、朝何を着ていくか迷った末に革ジャンを選択して正解だった。街を歩く人の装いは茨城では考えられないほど違っている。

お昼からは現場定例。早めに到着してひと通りの確認作業をする。

20151028_125509854_122

全景。さすが雪国、煙突の雪割りの大きさもかなり大きめ。レンガタイルは明るめの色味。曇りや雪の日が続く季節になっても少しでも住まいが明るく見えるような色味で考えた結果。

20151028_125645571_123

嫁さん曰く「美術館みたい」と。確かにそう言われるとそんな風にも見えてくる。ただし彼女のイメージしている美術館は「金沢21世紀美術館」のような今時の美術館ではないはず(苦笑)。

20151028_134055567_124

大きなサッシは隣の河川敷に対して開かれている。北国の住まいでもこれだけ大きな開口部を作れるのも、最近の断熱性能が向上した樹脂サッシのおかげ。

20151028_133856084_125

2階の寝室も河川敷に面している。このサッシも写真では小さく見えるが1200mm角近くある大きなサッシ。もちろんトリプルガラス。

20151028_134112545_126

ダイニングとキッチンが大きな吹抜になっているので、和室の低めの天井高さが絶妙な居心地の良さ。

20151028_134156473_127

吹抜の中の階段はいつも通り鉄骨で軽やかに。上の方で螺旋になっているため、吹抜上部の天井から吊り材で持たせている。

現場の空気が非常に暖かく、陽が入っていると全く外の寒さを感じる事がないくらい断熱性能が良い。T邸のUA値(外皮平均熱貫流率)は0.35W/㎡K、以前のQ値に換算すると0.95W/㎡Kになるという恐ろしい高断熱住宅になっている。と言ってもその数値がどんな意味を持っていてどれくらいスゴイのか、ほとんどわからないと思う(苦笑)。

今後のボクの課題としては、この1年間で身につけた断熱や気密の知識をこれからの設計にどう活かしていくか、という事。たしかに全く暖房無しでここまで暖かい住まいを体感してしまうと、その良さをなんとか活用出来ないものか、となる。断熱や気密に関するコストについては、断熱材やサッシなどの建材の金額よりも、どちらかと言うとそれらの施工の手間がどれくらいかかるか、に影響されるのもわかってきたので、より施工方法などもわかるような図面を作れば見積金額がバラけることも無いかもしれない。やるからには少なくとも・・・太陽光発電頼みのインチキくさいゼロエネ住宅よりは(苦笑)、もっとしっかり断熱気密の性能を確保した上で、エアコン1個くらいで住まい全体の冷暖房をまかなえるような、性能を確保した住宅にしたい。

(施工:拓友建設(株))

札幌T邸

札幌の現場からは日々刻々と現場工事写真が送られて来ている。7月1日に地鎮祭を催行してから、地盤改良工事を行って本体工事に入り、既に外部周りの工事も完了し、既に足場を解体済み。

DSCF2289

DSCF2288

今年の北海道の秋は雨が多く、外壁のタイル工事がかなりズレこんだが、それでもかなりのスピード感。

次回札幌現場定例は今月28日の予定。

(施工:拓友建設株式会社)

札幌T邸

今週の火曜日8/25は、一ヶ月ぶりの札幌の現場監理。その間も一日おきくらいに現場から工事写真は送られて来ているので、出来高は把握済み。今回は薪ストーブの打合せも兼ねての出張。朝9時に札幌駅に着くと、茨城に比べてずいぶん天気も良かったので、札幌駅からひと駅分、大通り公園駅までとことこ散歩・・・。

DSCN9085_100

気持ちの良い札幌の朝。大通り公園の緑が本当に綺麗。しかし・・・駅からの途中、なぜか札幌なのに「うつさ~~~ん」と聞き慣れた声で呼ばれるので(苦笑)、道路の反対車線を見ると・・・高場S邸家族・・・(爆笑)。22日の小貫山の餅まきの時に北海道に行くとは聞いていたものの・・・それにしてもこんな広い札幌で・・・例えば時計台とかならまだしも・・・ただ道を歩っているときに偶然会わないでしょう(笑)。

午前中のストーブの打合せを済ませてから昼過ぎに現場入り。

DSCN9086_101

DSCN9088_102

屋根のルーフィングも終わり、ちょうど板金屋さんとも煙突回りの打合せ。なにしろ茨城と違って煙突に雪割りも付けないといけないので、

DSCN9091_103

煙突はもちろんチムニーあり。

DSCN9093_106

屋根の断熱材は75mmのスタイロフォームFGという熱伝導率0.022の高断熱仕様のものを2枚重ね。

DSCN9109_105

外壁はメンテ重視でタイル貼り。ちょうどサンプルが現場に届いたところ。

DSCN9110_104

LDは吹抜になっており、窓も北海道としてはかなり大きめで開放的になっている。

工程は至って順調で、サッシも屋根もそろそろ入り、外部が塞がれば雨風の影響も受けなくなるので、予定通り11月中旬くらいには工事が終わるだろう。次回は9月下旬に札幌に行く予定。

(施工:拓友建設(株))

札幌T邸

昨日になるが、8月8日の末広がりの大安吉日に予定通り札幌のT邸が上棟した。と言ってもボクは現場には行っていないが(苦笑)。現場の方からは毎日のように、工事の写真や施工に関する詳細図が送られて来ているので、その写真で現況を。

前々日の土台敷きの様子。

DSCF2089

一見ただの土台敷きに見えるが、いつもの現場と違うところが、

DSCF2085

気密性能を確保するため、床より先に気密シートを張っている。いわゆる先貼り気密シート。T邸のC値(相当隙間面積)は1.0㎠/㎡で、札幌の住宅としては標準的らしいが、こちらでは高気密を売りにしているような住宅会社でないと確保していないレベルの気密性能。

一昨日、8月7日から建て方スタート。

DSCF2092

DSCF2093

2日がかりで無事上棟。

DSCF2097

実際の建て方をボクは見てないが、相当のボリュームがあるはずなので、今頃施主は・・・こんなにデカかったのかと、驚いているのではないだろうか(苦笑)。

上棟おめでとうございます。

(施工:拓友建設(株))

札幌T邸

さらに記事を読む...

2 / 4 ページ

2