Utsu Blog Section

先日アップした記事がリンク切れになっているようなので再掲します。

 

1月31日に取材を受けた札幌T邸の記事が「札幌良い住宅.jp」(北海道住宅新聞社)のサイトに掲載された。

眺めの良い大空間で薪ストーブライフ/札幌市・Tさん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その日の取材風景(撮影:北海道住宅新聞社)

取材なので・・・恥ずかしいくらいのかなりの持ち上げられっぷり(苦笑)。ボクの実感としては、今まで地道に(地味に?(笑))デザイン・プランと性能を両立させようと、もうかれこれ長期優良住宅や低炭素住宅を40軒以上設計監理してきた経験(もちろん申請だけの認定申請は除いてね)が、北海道という茨城県とは比べものにならないくらいの過酷な環境での住宅設計に、曲がりなりにも活かせたのかなぁ・・・と思う。

ちなみにいま、2020年を目標に国が進めようとしているネットゼロエネルギー住宅、通称ZEH(ゼッチと呼ばれてます)の仕様である強化外皮性能も、このT邸は軽くクリアしているので、大きな片流れの屋根にチンケな太陽光パネルでも載せれば、充分ネットでゼロエネ住宅になる性能を持っている。もちろん、いま動き出している常陸大宮市や東海村の住宅でも、この強化外皮性能は茨城県地域としてはクリアして、青森県地域でもクリア可能なレベルなので、冷暖房はエアコン一つで充分のはず。

今まではデザインと性能を両立させるべく考えてきたが、これからは「デザイン=性能」を目標にしていきたい。

取材では関係者の皆さまに大変お世話になりました。ありがとうございました。

札幌T邸