Utsu Blog Section

W邸の竣工写真が届いたので一部公開します。

 

外観1。

IMG_0192

西南からのメインアングル。

70坪の敷地は、駐車場3台、ちょうど良い広さの庭とバックに薪小屋、

そして34坪の住まいを建てるには過不足ない広さ。

道路の角部はオープンにして、花や緑を街並みに提供するスペースとしている。

 

外観2。

IMG_0200

南側のアプローチに沿った庭。

庭と言ってもプレーンに芝生を貼って、樹形の良い樹を厳選して植えただけ。

外構に板塀を入れただけで、木の住まいの雰囲気が外に現れる。

 

外観3。

IMG_0185

西側の道路から見ると平屋のような佇まい。道路の幅員が4mと狭いので、

ちょうど良い高さに感じる。

 

玄関。

IMG_0206

住まいの中心部分まで土間が広がり、土間にはネスターマーティンが置かれている。

上がり框は、ややテーパーが付いており、下部は履き物を入れるスペース。

右手の壁には好きな絵を飾り、ベンチに座ってギターを弾いたり、ストーブの炎を眺めたり、

多用途に使える土間になっている。

土間からLDKに入るとき、階段を支える壁で一旦空間が絞られ、

その先にあるLDKをさらに広く印象づけるようになっている。

 

ピアノスペース。

IMG_0211

ピアノが黒だったら床はもう少しグレーの方が良いと思うが、

今回のピアノは木の質感なので床はかなり濃い目。

猫足の雰囲気もユーズドの家具の多いW邸のテイストにぴったり。

 

LDK1。

IMG_0235

左の奥には玄関とネスターがちらっと見え、階段周りやソファ上部には吹き抜けがあって、

実際の広さ以上に空間の広がりを感じられる構成になっている。

この写真で見ると、若干ヤコブソンランプの位置が高い感じがする。

真っ赤なSTOKKEが可愛らしい。

 

LDK2。

IMG_0266

キッチンの前からは和室越しに先ほどのピアノスペースまでつながっている。

天井を見るとステンレスに反射した光のゆらぎが美しい。

きっとキッチンを使い込むうちに、このゆらぎも変化していくはず。

 

LDK3。

IMG_0278

階段からの見下ろし。静かすぎず、賑やかすぎず、センスの良いインテリアに仕上げてもらって、

設計屋冥利に尽きる。

 

子ども室。

IMG_0287

たぶん普段はもっと散らかっていると思うが(笑)、

それでも置かれている家具の雰囲気はW邸らしいもの。

 

2階デスクスペース。

IMG_0296

こちらもユーズドのデスクが置かれている。

突き当たりの背の低い戸が、腰折れ屋根下部に隠された小屋裏収納への入り口。

 

吹き抜け見下ろし。

IMG_0310

薪ストーブがある場合、どうしても煙突の存在感が圧倒的になるため、

横に階段などの象徴的なスペースを置きたくなる。

 

W邸をプランニングする際、

手持ちのユーズドの家具と新しい住まいをどう馴染ませるかが課題だったが、

家具のデザイン自体、ヴィンテージとかアンティークとかの類のアクの強さは無かったので、

スペースのスケールをいつもより小ぶりにして家具に馴染ませる事にした。

スペースは分節化されても、トップライトからの明かりと階段のある吹き抜けを中心に、

広がったり絞られたりしながら幾重にも連続している。

ボクは、住空間は連続している事、つながっている事がとても大切だと思う。

旭台W邸