小貫山T邸

先々週末に建て方を行ったT邸もすっかり筋交いや金物取り付けが終わったようなので、今日はボクの方でも躯体検査。と言っても平屋なので大げさな金物があるわけでもないので、筋交いの位置や金物の配置、構造用面材のクギのピッチが所定通りか、その他細かな点が諸々。

20140401ot_023

問題があるはずもなく終了。現場には既にサッシ枠も入り、空間ボリュームがずいぶんわかるようになってきた。

 

小貫山T邸

天気予報が発表になる・・・およそ1週間前から既に「たぶん当日は雨かな?」と言っていた通り(苦笑)、昨日の夕方時点での雨の確率は80%。延期も考えたが当家と相談して、雨の時は餅撒きはせずに来てくれた人に渡そうという事になり、餅撒きを強行する事になった。

ところが、朝のうちは雨もそれほどでもなく・・・、このまま餅撒きもいけそうだったが、定刻の11時が近づくにつれて雨・・・。やはり雨・・・。

20140330ot_020

T邸は大きな中庭のあるコの字の平屋の住まい。平屋なので五色の吹き流しの高さも若干控えめに見える。しかし・・・餅撒きが始まる頃には少しづつ小降りになり、

20140330ot_021

なんとか餅撒きが出来る状況になった。奇跡とまでは言わないが、確率20%の幸運によって、定刻通り11時から上棟式を始める事が出来た。撒いたお菓子や餅、ラーメンなどの量が半端ではなく、参加者の家庭では・・・春休み中の食事はラーメンと餅が多くなるはず(笑)。

 

無事餅撒きも終わって・・・なんとなんと当家の関係者が、雨で濡れたルーフィングにもかかわらずぞろぞろと屋根に上がって行き、

20140330ot_022

みんなで記念撮影。屋根に上がっている人よりも、下で見ている我々の方が「滑るなよ、落ちるなよ」と祈るような気持ちで見ることになるので、今後一切このような記念撮影はNG(苦笑)。

 

小貫山T邸

今日は一日現場監理。11時から常陸太田市幡町でS邸の完了検査。検査員は確認申請の時などの図面を見ることがないので、いきなり現場に来て傾斜地に建つ住まいを見てビックリ(笑)。検査してるんだか、一人オープンハウスしてるんだか解らない(笑)。問題無く完了検査終了。確かにS邸のような傾斜地に建つ住まいの検査なんて滅多にないのだろう。

 

途中、常陸大宮へも中間検査で行って、午後はひたちなか市小貫山の現場へ。東海村の現場も後は器具の取り付けや外構が残っているだけで、確認事項も一通り完了したので、今週から毎週火曜日の午後は小貫山の現場監理となる。

20140325ot_011

T邸はコの字の平屋の住まい。ロの字と違ってコの字の場合、中庭の1面が敷地外に面するため、その1面に対する外の取り入れ方が中庭の重要ポイントになる。T邸の場合、たまたま東側隣地の住まいのお庭がとても立派で、なかでも梅が植えてあったので、ここはしっかり遠慮無く(笑)、借景として活用させて頂いた。景色は盗んでも捕まらないので(笑)。今回初めてコの字の住まいを設計したが、中庭の囲まれている感じがとても良い。

このT邸、柱の長さが11尺(=3300mm)と、いつも設計している平屋より高さがずいぶん高めだが、

20140325ot_012

前面道路から見ると、とくに両隣の平屋と比べるとかなり小ぶり。ホンマにかなり小ぶり、に見える(笑)。で、実際、この道路から見た感じと中に入ってからの感じが、どれくらいギャップがあるか見て感じたい方は、次の日曜日30日11時に餅撒きにご参加ください(笑)。餅撒き後には構造見学会くらいは軽く開催可能(笑)。連絡頂ければ案内図を送ります。

 

終わって本来の定例現場・石神内宿へ。

20140325ia_013

門柱のコンクリートを打設し養生中。

20140325ia_014

内部の左官工事も完了。こちらは来月中旬にオープンハウスを開催予定。26坪の平屋の豊かさを感じてください。家族4人、充分暮らせます。

 

さらに北上して日立市金沢町へ。

20140325kg_015

こちらのクニリックも着々と進行中。敷地が1000㎡超えているので、

20140325kg_016

大きな穴を掘って、そこに雨を貯めて少しずつ側溝に放流するための雨水浸透施設をこれから作るところ。よく見かけるコンビニの敷地内に、駐車場の一部がフェンスで仕切られているのは、申請上の敷地面積を1000㎡未満に抑えて、開発行為を逃れるため。全くもってビンボー臭い発想。

 

小貫山T邸

雨の中、T邸の配筋検査。そう言えばT邸の地鎮祭ってブログに書いたか???って気になって過去ログ見ると・・・やっぱり書いてないか???(苦笑)。

実は地鎮祭は昨年11月24日・・・。

20131124ot_011

おめでとうございます!(爆笑)

 

で、改めて今日の配筋検査。

20140227ot_009

T邸は、ボクとしては初めてのコの字型平面の平屋の住まいで、いつものスキップフロアはもちろん、前面道路が敷地よりも50センチ下がっているため、基礎の一部が深基礎になったりしていたので、どうも伏図がすっきりしねーなーと感じて、珍しく、超珍しく、ボク自身がCAD図を修正した基礎伏図・・・。それがなんと、配筋検査中に監督さんから「この基礎伏図、先生が書いたんじゃないですか?」と、バレてしまうという事態が起きた。何が違うの?と聞いても、何となく・・・としかわからないようで、こんな事書くと、普段ボクが図面を見てないように思われるかもしれないが(苦笑)、もしかすると、鉄筋が2,3本少なかったのかもしれない(爆笑)。いやいやそんな事はもちろん無くって配筋検査、無事終了。

 

小貫山T邸

昨日一日は現場打合せが3件あり、1件あたり平均2時間なので計6時間の現場打合せ。おまけに昨日は寒さもあって・・・、終わるとさすがにあぁぁ疲れた~となり、家に戻ると早々に晩酌タイム・・・(苦笑)。これで一日終了。

 

一転して今日は設計打合せが3件なので終日自宅。少し時間もあったので昼から薪ストーブに火を入れると・・・やっぱりビールが欲しくなるが(苦笑)、午後も打合せが2件あったのでガマンガマン(笑)。

 

午前中は(仮称)小貫山T邸の打合せ。まだ契約前なので一応仮称つき。ファーストプラン提案時点では不明だった南側隣地に、総2階の家の北側外壁が法規制一杯一杯に屹立する様子がわかったので、採光はまだしも圧迫感を考えると、方向転換も考えた方が良さそうだとなり、今日の第2案目の提案となった。

 

T邸は北道路の南北に長い土地に建てる平屋の住まい。普通なら・・・平屋で建てたい人は買わない土地だが(苦笑)、あえて平屋にこだわって・・・あとはボクになんとかしてくれよ、というのが今回のミッションなんだと思う(笑)。

 

第1案はスキップフロアも使いながら採光面を補っているが、中心はぐるっと廻れる中庭があるところ。中庭を介して光や風が住まい全体に行き渡り、機能上も動線の短縮にかなり貢献してくれる。弱点はリビングやダイニングが南側の隣地の影響を受けやすい点だった。プランとしては「ロの字」の形をしたプラン。

 

そこで第2案は思い切って中庭を大きくして、リビングやダイニングは中庭の北側に配置し、南側の隣地を直接視界に入らないように「コの字」の形になった。ここまでプランのイメージが変わってしまうと、設計も始まっていないにもかかわらず早々に2つ目の模型作成となる。

20130331ot1

左が第1案、右が第2案。中庭の大きさとしては4.5帖から17.5帖に広がりLDへの採光も十分。スキップ上部に開口部も取れている。唯一・・・、屋内で廻れる動線が無くなったのが惜しいところ。

 

それに比べると第1案は・・・、自慢じゃないがプランの完成度はかなりのモノで(笑)、坪数も驚くほどコンパクト。施主にすれば・・・完成度が高すぎて、あれこれ注文を付けられないところが逆に不満になるくらいのはず(笑)、だったが・・・、南側の家の壁の事を考えると「ロの字」の採用は難しく、動線を多少犠牲にしても第2案の方がボクとしてはお薦めの案。もちろんこちらだって完成度はかなり高いプランにしたつもり。

 

こちらがアプローチ側。

20130331ot2

アプローチの動線と道路との高低差の処理は第1案の方が優れているので、ここはまだ改善の余地があるところ。ファサードデザインも含めて次回までの宿題。実際建った後は道路から見るとこの面しか見えないので、ビジュアル的にも最重要ポイント(笑)。デザイン上は、第2案の方がスキップ部分の位置の関係で少し腰高に見えるので、もっと低く見せられるかどうか・・・。

 

同じ敷地に同じ条件で同じ中庭を持つプランを作っても、これだけ全然似てないプランが出来るんだから、住宅の設計って本当に面白いと思う反面、建築としてはけして大きくないが、大きくない故の難しさも設計者としてはかなり感じる。

 

小貫山T邸

3 / 3 ページ

3
最後