小貫山T邸

一通り木工事が進んだので、予定通り今日は監督さんとボクによる立会検査。

_20140527_051

まずはお約束?の玄関収納棚の棚板と棚柱の位置のズレ。初めての大工さんに多い間違い。

_20140527_052

監督さんから大工さんへの指示は「棚柱と棚板の隙間は3mm」と指示済みだったはずが、4~5mmの隙間があるようなので、棚板は全部作り直すことに。

_20140527_053

洗面カウンターの集成材がカケているので交換。

_20140527_054

全般的にまだ棚板のカット面がささくれがあったりするので、作り直す時の注意に。

_20140527_055

カウンター角の面取り寸法にバラツキがあるので統一させる。

_20140527_056

ベッドが入るようにとの監督さんの配慮で丸柱の位置をずらして製作したが・・・逆に・・・入らなくなるので丸柱の位置は図面通りに。

_20140527_058

キッチンカウンターの棚板は棚柱ではなくダボで受ける仕様なので、ここだけは3mmの隙間ではなくほぼぴったりに棚板は作り直す。

 

今までの現場では見た目重視で、ほぼジャストサイズで製作した棚板が、実際生活していくと上下に移動がしづらいらしく、かなりの現場から後々、「棚板の幅を小さくして」と手直しが発生してきた経験により、最近は棚板と棚柱の隙間を3mm程度取るようにしているのだが、棚板の幅がそもそも小さめのところは、相対的に隙間が大きく見えて、そのあたりも今後の検討課題。

そして、今回壁の仕上げが塗装なので、耐久性を考えて収納の背板をシナ合板にしてもらったが、棚の枡目にピッタリサイズにシナ合板をカットして貼るのがいかに至難の業か・・・。棚だって微妙に水平垂直・直角もわずかにずれるわけなので、これも今後の検討課題。

いつも同じような仕様で設計していても、現場では色々と検討する課題もあり、やってみて初めてわかることも多く、だからといって不具合を残したままにする訳にはいかないので、監督さんと相談しながら、今後に活かすためにもダメなものはダメとすっぱり考えて手直しを進めていく。

 

小貫山T邸

平屋の住まいを建てたいという施主の多くは、平屋だけどスキップフロアにしたい、という要望を出される。ここ小貫山の現場もその例に漏れず、やっぱりスキップフロアのある平屋の住まい。今日はそのスキップ部の階段を施工中だった。

_20140520_035

棟梁が床下に潜って段板を裏から固定している。ちなみに階段の裏側は、

_20140520_036

もちろん床下収納として有効利用。で、

_20140520_037

あっという間に完成。蹴込み板は床材をそのまま使い、踏み板は杉の厚板を製材して使っている。これを上から見ると、

_20140520_038

見える景色も変わってくる。他には子ども室に使うカラーのクレイペイントのサンプル。

_20140520_033

意外にも結構渋い色もあって、なかなか使い勝手は良さそう。

 

小貫山T邸

GWが明けてから最初の小貫山の現場定例。現場がどれくらい進んでいるか楽しみにしていくと・・・、

_20140513_020

玄関廻りのヒバの板貼りも出来ている。サイディングの横貼りに合わせてヒバも横貼り。そのサイディングの工事も進んでいるが、

_20140513_031

その割に進んでいないか?監督さんに聞くとやはりコの字の外形が影響して予想より進捗が遅い。道路側の空地を使ってサイディングをカットして貼っているのでなおさら。

_20140513_021

これから上の方も貼る事考えるとあと1週間はかかるか。

内部の方は大工さん二人常駐。

_20140513_023

天井のシナ合板貼りは完了。

_20140513_024

ハイサイドライトが効果的。住宅はけして大きな建築ではないが、それでも空間のバリエーションをもたせると住んでから楽しい住まいになるので、天井が高いダイニングや、

_20140513_022

ぐっと天井高さを抑えた和室、

_20140513_027

細長~いわりに明るい廊下(笑)、

_20140513_025

中庭とつながるダイニングなどなど、今回も色んな空間がある住まいになっている。でも、子ども室はここも・・・、

_20140513_028

3帖だな~と見ていると、なんとなく・・・ちょっといつもよりすっきり納まってる???感じがしたので、何でかな?と考えてみると、

_20140513_029

鴨居と吊り束の見付寸法を揃えたり、

_20140513_030

アウトセット引き戸の鴨居を端から端まで伸ばして戸当たりの縦の方立を省略したりと、ちょこちょこいつもと違う納まりにしただけでスッキリ納まっている。そして寝室には、

_20140513_026

仕上げ材のクレイペイントの塗りサンプル。骨材入れてザラっと感を出してはみたが・・・ムラの多さと汚れやすさが倍増した(苦笑)。

 

小貫山T邸

設計段階から何度も何度も施主と打合せを重ねながらどんな住まいにするのか決めていくが、実際に工事が始まってからも設計の確認という意味での打合せを何度も行う。設計している時はもちろん、最善の案を考えているつもりなので、現場では主にその確認になるが、それでも100%の設計なんてあり得なく、色々と細かな部分での検討を現場で重ねていき、施主に確認も取りながら現場が進んでいることになる。

現場に入ってからの施主確認事項の主なものは、

・建物配置の確認

・外部仕様の確認

・電気工事(特にスイッチやコンセント、照明位置)の確認

・木製建具も含む造作家具の確認

・内部仕様の確認

・住宅設備仕様の確認

等々、あげればもっとあるが、中でも電気工事と造作工事の確認作業には時間がかかるし、しっかり時間をかけて一つ一つ施主と確認しなければ、施主に満足して貰える住まいは出来ないと思っている。今日は朝8時から小貫山の現場でその造作家具の打合せ。設計から大きな変更もなく、スムーズに終了。むしろ終わってからのインターフォンカバーのデザインどーするかとか、ダイニングの椅子はどーするよ?とか、照明はやっぱりポールセンの・・・とか、既に施主の意識は付帯工事の方へ・・・(笑)。

終わってふと気がつくと、いつも現場の前に停まっている車がなく、珍しくファサードの全貌が見える状態なので、

_20140426_001

パチリと1枚。右下の外壁と基礎のヘコんでいるところはスキップフロア下を利用した駐輪スペース。敷地が前面道路より50センチ上がっているので道路からみると基礎が高くなっている。コの字の平屋のT邸は道路側の開口部は最小限にして中庭に大きく開いた住まいになっている。

水戸に戻って昼からの打合せも終わり、出かけようとした時に嫁さんから、クレマチスが綺麗に咲いたから写真を撮れとオーダーがでたので(笑)、

_20140426_003

_20140426_002

去年咲かなかった五葉ツツジも、今年はわずかながら咲いている。同じ千波町のS邸の五葉ツツジなんて羨ましいほど咲いているが、それでも去年は咲かなかったので・・・なんと嬉しいことか。

 

小貫山T邸

火曜日の午後はいつも通りコの字の平屋の住まい・小貫山T邸の現場定例。最近、施主へ「おまえんちの写真がアップされんの少ねーじゃん」と知り合いからクレームがあったらしいので(爆笑)、今日はたっぷりネタの仕込みをしてきたところ(笑)。

20140415ot_041

車がめっちゃ邪魔だが・・・、外観もずいぶん形が現れてきている。

20140415ot_036

玄関ドアの枠も既に入っている。今までの玄関ドアは高さ2,400mmくらいあったため、立派に見える反面、どうしても反りが出たりしたので、今回は上部にランマを入れてドアの高さをその分抑えめにしている。

20140415ot_035

外壁の下地も施工中。サッシ回りの通気を確保するため、サッシと桟に隙間を空けるのが適切な施工。けしてテキトーに施工しているわけではない。こういう細かなところまで全て図面に書き込むわけではないが、図面に書いていない事でもフラット35の基準は守れ、と特記仕様書に書いてあるので、フラット35の施工基準が頭に入ってない現場監督は大変。

20140415ot_034

内部では杉のフローリングを施工中。フローリングは当然、

20140415ot_039

茨城の八溝材。そして、

20140415ot_038

玄関カマチもやっぱり八溝材。カマチに使うくらいなので、密実でかなりしっかりした杉材。カマチを60mmの厚さにして、下を靴入れに空けているので、杉ではたわむか?と心配だったが、全く心配なし。適度にフシもあって見た目も迫力があり、フシは最後に塗装で塞ぐ予定。

20140415ot_033

電気も配線もほぼ完了。

20140415ot_032

最近ニーズの多いルンバ専用コンセント。今回は収納の下部に空間をつくって、そこをルンバが帰ってくる「ルンバ小屋」にしている。

20140415ot_031

今回2回目の採用となる床下エアコン。蓋を開けたところにエアコンを設置してベタ基礎を暖めることで、空気循環式の簡易輻射床暖房になる。これについてはまだこれからも改善の余地はあるかもしれないが、色々試しながらベストソリューションを見つけたい。

とりあえず、今日はこんなとこで~。

 

小貫山T邸

さらに記事を読む...

2 / 3 ページ

2