暮らしやすさの工夫暮らしやすさの工夫暖かな住まいづくり

水戸・つくば 薪ストーブの家 宇津建築設計事務所

台風が過ぎ去った後の暑さもどこにいったのか、あいにくの雨模様のなか、ひたちなか市小貫山に新築されたT邸が、大安吉日の本日8月12日、(株)オーヌキさんから当家へ引き渡された。竣工写真はもう少し後に撮りたいので、今回はボクのcoolpixでご勘弁を。

_20140812_092

外観正面。住宅地の中でも一際小ぶりなボリューム感、内部を全く予感させない不思議さ、それでいてどことなく端正な表情をした正面の外観になったのではないだろうか。左に少しだけ残された植栽スペースに緑が施され、右のくぼんだところに子ども達の自転車が置かれると、少し住宅らしくなってくるはず。

_20140812_093

アプローチ。敷地は道路よりも50センチ高くなっているのでアプローチも階段状になっているのが、これはこれでなかなか良い感じ。歩きながら目線の高さが変わるのが楽しさの原因。玄関ポーチの土間コンは高さを利用してちょっと浮いた感じを出している。

_20140812_097

中に入ると目に飛び込むのが中庭の外部空間。住まいの設計で常に考えている事が内部にどうやって外部を取り込むか、と言う事。今回はフルオープンのサッシを使って中庭とダイニングをつなげている。中庭は東のお隣さんのお庭の常緑を拝借している。

_20140812_095

ダイニングから1m上がったところにリビングスペース。階段の幅が2.7mあるので、この階段も立派なリビングスペースになり得て、ここに行くと必ずこの階段に腰掛けてしまう。ダイニングテーブルはg-planのエクステンション丸テーブルを探しているらしいが、ここに鎮座するのはいつになる事やら。

_20140812_096

リビングは半分がタタミ敷き。定石通り押入は吊りにしているので、早速子どもたちの遊び場に。テレビが壁に掛けられると少しリビングっぽくなるか。

 

消費税増税前に駆け込みで請負契約を結んだのが昨年の9月末。工事契約から竣工まで10ヶ月かかったのは、流石に今までで一番時間がかかったのではないだろうか。職人がいなくてなかなか工事に入れなかったり、やっと基礎が始まったと思ったら職人さんがインフルエンザにかかったり、最後の最後で結構手直しが発生したりで、ここまで時間がかかってしまって、当家には本当に迷惑を掛けたと思う。まだ少し残工事もあるので、これからもちょくちょく伺う事になるが、兎にも角にも本日はおめでとうございました。これからも末永いお付き合いをよろしくお願いします。

 

 

小貫山T邸

  8月   9月 2018   10月

   1
  2  3  4  5  6  7  8
  9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
Julianna Willis Technology
つくば・水戸 薪ストーブの家
スタッフ募集
茨城 オープンハウス情報
チャンスをお見逃しなく
水戸 オープンハウスご予約はこちら
随時見学予約受付中です。

other Info

TELEmail

 

このサイトについて
プライバシーポリシー
サイトマップ

 本ホームページ内全てのコンテンツ、写真、デザイン画像の盗用、無断転載、引用はお断りいたします。 無断使用の場合は著作権使用料を1日1万円と算定し、水戸地方裁判所を管轄とし法的請求いたします。