宇津建築設計事務所ブログ

昨日・一昨日の二日掛かりで、ひたちなか市・稲田に建築中のK邸の建て方を行った。

DSCN9575_034

一日目は構造フレーム。こちらは予定通り無事構造垂木まで完了。そして二日目では屋根下地がメイン。

DSCN9595_035

本来は防水用のルーフィングまで行きたかったところだが、何しろ43坪の平屋で、しかも平面形状はコの字型、屋根形状も可能な限りシンプルな設計にしているが、それでも屋根の作業量としては佐和I邸以来のボリュームなので、ルーフィングまで行けるかどうか微妙か、と考えていたが、やはりルーフィングまで行かず。とりあえず雨をしのぐために、この後、ブルーシートを掛けて終了。

その屋根下地、どうしてそんなに時間がかかるのかと言うと、屋根の断面構成がこれでもかというくらい重装備な設計にしているから。その構成が次の写真。

DSCN9601_037

通常は「桁」の上の「垂木」と「野地板」の上にルーフィング+ガルバ。「断熱材」は天井の上に載せる天井断熱方式にするが、ボクの事務所では内部空間を最大限活用するため屋根断熱を標準的に設計している。そのために、構造用合板の上に「断熱材」を貼り、断熱材の上に「通気層」を確保するため、構造用の垂木の上にもう一本、「通気用の垂木」を打って、最後、一番上の野地板は、耐久性・耐熱性を考慮して「杉のザラ板」を貼り、ようやくこの上にルーフィングを貼る事になる。ここまで重装備の屋根の仕様は県内中見渡してもボクの事務所だけのはず。当然その分費用はかかるが、ここはどうしても・・・ボクとしては・・・削れない費用。これをからないと、ロフトが暑いし、雨の音もスゴイことになる減額のために削減したことは一切ない部分になっている。写真をよーーく見ると、通気層の奥の方にかすかに光が見えると思う。これが通気層がちゃんと確保出来ている証拠。

設計事務所の仕事というと、デザインなどの華やかな部分を見られがちだが、ボクの仕事の大半はこうした住まいの性能に関することで、コストバランスを考えながら、いかに長く快適に住んでもらえ、ずっと愛着を持ち続けてもらえるようにするにはどうしたらいいかと、日々考え続けることになる。

今日は先勝、午前中が吉日なので・・・本日は上棟おめでとうございました。

 

(施工:(株)大貫工務店)

稲田K邸

小美玉の現場は内装の仕上げ工事も終わり、今は器具の取り付け中。ようやくゴールが見えてきた。

DSCN9560_029_00001

外観としては屋根にシンプルないぶし銀調の平板瓦、外壁は白いボーダータイル、金属やサッシなどはシャイングレーと、モダン過ぎずに品の良さを感じさせる仕様となっている。アクセントの玄関まわりにダークグレーのタイルと天井も杉板貼り。

DSCN9564_031

内部も白メインでまだ養生中で見えないが、床はオーク、家具はタモ、

DSCN9565_032

2階の勾配天井部分と1階の一部下げた天井部分のみ杉板貼り。内部にもアクセントでグレーの壁にしているところがあるが、それは後ほど。

DSCN9562_030

トイレには北欧っぽいアクセントクロス。アクセントクロスを外壁面に貼ると、サッシの内観色の白が目立ってしまうことが多いが、このクロスは白ベースのグリーン柄なので、サッシとの取り合いも良い感じ。手洗い器はいつもの造作と違って今回はリクシルを選定。どうしても既製品だと、部屋の大きさにピッタリ納まらないのは諦めるとして、カウンターの上に付いている手摺が、予想以上に使い易いところにあるので、これは今後どうにか造作する時にも取り入れたいアイテム。

現場は最後の追い込み中で本来なら今月末に仕上がる予定だったが、大トリにキッチンが12月1,2日くらいに搬入予定。

(施工:(株)鶴豊建設)

小美玉S邸

さらに記事を読む...

3 / 280 ページ

3

 10月   11月 2018   12月

   1  2  3
  4  5  6  7  8  910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
Julianna Walker Willis Technology
つくば・水戸 薪ストーブの家
スタッフ募集
茨城 オープンハウス情報
チャンスをお見逃しなく
水戸 オープンハウスご予約はこちら
随時見学予約受付中です。

other Info

TELEmail

 

このサイトについて
プライバシーポリシー
サイトマップ

 本ホームページ内全てのコンテンツ、写真、デザイン画像の盗用、無断転載、引用はお断りいたします。 無断使用の場合は著作権使用料を1日1万円と算定し、水戸地方裁判所を管轄とし法的請求いたします。