宇津建築設計事務所ブログ

今回もいつも通り、手伝いの大工さんたちの手を二日間借りて建て方の作業を行っている。今日は昨日に引き続きその二日目。

DSCN9738_01

垂木の上の野地板も貼られ、内部空間のボリュームが感じられるところまできた。写真に見える、垂木のピッチが細かく入っているのは、軒の出が6尺あるところ。構造計算で垂木の強度にNGが出たため、通常の半分の間隔で垂木を配置している。あくまで軒先の強度が保てれば問題ないので、軒から6尺内部に入ったところまでの話し。なんだか隠すのがもったいないほど綺麗に配置されている垂木。

驚いたことにもう梅雨入りらしいので、少しでも早く屋根のルーフィングまで進みたいところ。

(施工:(株)オーヌキ)

船場H邸

東海村に建築中のH邸は本日上棟した。

DSCN9732_01

平面の形状が6間×6間の正方形となっているので、屋根の形状も当然ながら本来は正方形の方形屋根になるが・・・、南東側と南西側の軒を6尺(1800mm)、北東側と北西側を3尺(900mm)にしたため、そしてその軒の出をより強調するため、隅木(屋根の尾根線にあるナナメ部分の部材)を北方向に振ったことにより、屋根勾配が2寸5分と5寸という2種類の勾配を持つ住まいとなった。

これによって、屋根の天辺部分の隅木が集まる部分は、

DSCN9721_01

本来ならそれぞれ90度で交差するはずが・・・一応左右対称にはなっているものの、いかにも加工が難しそうな形状になっている。

一番大きな隅木の軒方向は、

DSCN9723_01

LDKに大きく架かっているので断面も大きくなっている。隅木の下端に掘ってある溝はライティングレールを埋め込むための溝。

DSCN9730_01

一部小ぶりのスキップフロアもつくり、屋根形状と内部空間が整合するようになっている。

本日はおめでとうございました。

(施工:(株)オーヌキ)

船場H邸

さらに記事を読む...

10 / 280 ページ

10

  8月   9月 2018   10月

   1
  2  3  4  5  6  7  8
  9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
Julianna Willis Technology
つくば・水戸 薪ストーブの家
スタッフ募集
茨城 オープンハウス情報
チャンスをお見逃しなく
水戸 オープンハウスご予約はこちら
随時見学予約受付中です。

other Info

TELEmail

 

このサイトについて
プライバシーポリシー
サイトマップ

 本ホームページ内全てのコンテンツ、写真、デザイン画像の盗用、無断転載、引用はお断りいたします。 無断使用の場合は著作権使用料を1日1万円と算定し、水戸地方裁判所を管轄とし法的請求いたします。