北沢S邸

毎週金曜日は世田谷区・北沢にあるS邸の現場定例打合せなので、水戸駅発12時半のスーパーひたちに乗るか、友部駅発13時発のフレッシュひたちのどちらかに乗って現場へ向かっている。以前は新型スーパーひたちに電源やwifiが利用可能になったので、車内でもっぱらメールの返信とかしていたが、最近は、乗車後10分経たないうちに熟睡モード・・・(苦笑)。

 

現場につくとまずは進捗の確認。

20121026ks1

2階の床から400mmあがったリビング。天井は屋根なりに勾配天井として、床が上がった分は天井も上げている。天井を支える母屋梁の梁成(梁の断面寸法)が大きく、天井から現しで見えてくるので、その母屋を支える登り梁も大きく見せて、大きな空間をしっかり支えている構造を意図的に見せている。

 

化粧の付け梁という偽物の構造と違って本物の木構造を見せる場合、金物を見えないようにしたり、省令準耐火をとるもの面倒になるが、やっぱり出来た時の安心感が変わってくる。

 

北沢S邸

北沢S邸の建つ敷地は世田谷区の路地状敷地なので、住まいの四方を隣地境界線に囲まれている。

日当たりを考えるとリビングはやはり2階が良い。田舎に住んでいると兎に角車主体の生活のため、

いちいち2階のリビング・ダイニングに上がったり下がったりする事が億劫に感じられるが、

都会ならそもそも歩く事が多いので、LDが1階に無い事への抵抗感は無い。

 

実際、2階に上がると、

20120907ks1

田舎じゃ考えられないほど高さ制限の厳しい敷地であっても、屋根の勾配を活かして2階は天井も高く開放的。

元々ここに建っていた昭和初期の住まいが天井の高い住まいだったので、

それと比べても見劣りしない空間ボリュームになると思う。

 

北沢S邸

というわけで、今日は世田谷・北沢の現場で上棟式。

 

時折、凄い雨が降った時間帯もあったので、餅撒きが出来るかどうか心配だったが、

定刻前にはなんとかあがり無事餅撒きが開催出来た。

 

最初に一通り儀式を行う。地域が違うと、上棟の作法もずいぶん変わるものだ。

20120901ks1

法被姿は木工事を担当する地元の工務店の親方。いーーかーーにーーもーーー大酒飲みの親方で(笑)、

いるだけで現場を明るくする豪快な人。いるだけで上棟式の格があがる雰囲気を持っている人。

こういう親方って上棟式には欠かせない感じがする(笑)。

 

定刻より餅撒き開催。さすがに世田谷で餅撒きやって人が集まるのか???と心配したが、

20120901ks2

近所の人が結構集まって頂き、当家も見たことがないくらい子どもも集まり(笑)、

集まった人からも、当家からも大変喜んで頂けた餅撒きとなった。

 

上棟式が終わったあとは少し晴れ間も見えてきたが、

20120901ks3

やはり都市部は風が弱く、いつもより五色の吹き流しは大人しめ。

 

そしてもう一人、上棟式に欠かせない・・・、

20120901ks4

我が家の親方(笑)。

 

本日は上棟、おめでとうございました。

 

 

北沢S邸

先週から基礎の配筋も始まっており、今週月曜日は瑕疵担保保険の配筋検査。

20120806ks1

写真から暑さが伝わってくる感じ・・・(苦笑)。現場にテントが無かったら休憩するところも無いので、

真夏の基礎屋さんの仕事は本当に過酷な労働。

 

それにしても・・・電柱には既に、

20120806ks2

貼ってある(苦笑)。ホントにやるのか?(笑)

貼っちゃったからにはヤルんだよなぁ・・・(笑)。

北沢S邸

14~15日と埼玉・東京へ出張。

目的は、昨年より設計を進めてきた世田谷区・北沢に建つS邸の最終見積報告及び地鎮祭のため。

 

まず14日に、現在埼玉にお住まいの施主のところへ伺って、見積金額の報告。

都内でのコスト感覚の乏しい設計屋の設計のため、何度か仕様変更によるコストダウンをはかり、

何とか最終報告に辿り着く。

 

その日はせっかく埼玉に来たので、埼玉に住むセガレのところへ出向き、

晩飯を一緒に食べる。さすがに普段ろくな物食べてないと見えて食べる食べる・・・(笑)。

 

15日は朝いちで現場へ行き、地縄の確認や給排水ルートの再確認したあと、

定刻の10時より地鎮祭。

20120615ks1

 

無事地鎮祭が終了したので、テントを移動し、

20120615ks2

これからしばらくこのテントを簡易現場小屋として使うことになった。テントでもないのとあるのでは大違い。

というか、世田谷の現場で敷地内にテント貼るスペースがあること自体、恵まれている現場だと思う。

 

今月いっぱいで申請を完了させ、来月早々から着工予定なので、

来月からしばらく、毎週金曜日の午後は都内出張となる。

北沢S邸

2 / 2 ページ

2
最後