北沢S邸

今週末も引き渡しが1軒。本日10時より世田谷区北沢のS邸が株式会社オーヌキより引き渡された。今回は既存の住まいが非常に趣のある古い住まいだったので、アンティークテイストが好きな施主の好みもあって、いつもと違うテイストの住まいに仕上がったわけだが、これが中々良い感じに・・・。

 

20121215ks1

玄関まわり。高さ2450mmの木製玄関ドアの風格は中々のもの。重さは見た目ほど重くないと感じる程度。

 

2階LDK。キッチンより1段上がったところにLDがある。キッチン横の壁はボーダータイル貼り。右奥にぶら下がっているのは、解体した住まいで使われていた照明器具。明るさ以上に・・・オーラが出ている感じ。

 

20121215ks3

床材は栗のアンティーク加工したもので、解体した住まいの床の色を意識したセレクト。栗のフローリングは固いイメージがあったが、アンティーク加工のせいで足触りが非常に柔らかなのが意外だった。

 

20121215ks4

キッチンの製作は水戸の五軒町にある八木沢家具。こちらの色味も床材に合わせたもの。

 

20121215ks5

現しの構造材も全てアンティークテイストで塗装している。塗装するにはもったいない木だと思っていたが、実際塗装してみると、やっぱり綺麗な木に塗装すると仕上がりはさらに綺麗になる。

 

20121215ks6

ドアも解体した住まいのフラッシュドアを框をつけてリユースしたもの。昔の建具は高さが低かったので高さを稼ぐために框をつけて今どきの高さに。照明器具は真鍮製。こちらは新品。

 

20121215ks7

こちらの洋室のドアも同じ。照明器具はガラス。

 

もう一つ、元の住まいに使われていた丸桁を削って作った玄関の上がり框も、非常に綺麗な出来だったが・・・写真を忘れた・・・(苦笑)。

 

当家のご家族とは・・・、かかれこれもう7年のお付き合いになるだろうか・・・。新築住宅の設計の依頼を受け、その話しも震災で出遅れたり、ボクの方は慣れないところでの申請に時間がかかったりして、どうにかこうにか竣工を迎えられたのも、元請けのオーヌキさんや木工事をしっかりまとめてくれた地元の望月建築店さんのおかげ。長い間お疲れさまでした。そしてありがとうございました。

 

ここの住まいにはこれからもちょくちょく・・・特にうちの嫁さんがお邪魔すると思いますが(苦笑)、今後ともよろしくお願いします。庭の件も嫁の方にどんどん相談してください。それから家具が一通り入ったら、また写真を撮りに行きますので、ご連絡お願いします。本日は竣工おめでとうございます。

 

北沢S邸

いよいよ明日、北沢S邸も引き渡しとなる。初めての東京の仕事で色々と戸惑うこともあったが、ここまで漕ぎ着けたのもひとえに現場関係者の支えがあったからこそ。出来映えは、アンティークのテイストが大好きな施主(の奥さん)も大満足のもの。今までのボクの設計にはなかったテイストなので、芸風が一つ増えた感じがする(笑)。

 

20121214ks1

20121214ks2

20121214ks3

明日も朝から東京に行くので、今日はここまで・・・。

 

北沢S邸

午後からは世田谷の北沢S邸の現場定例。すっかり玄関も出来上がってきた。

20121122ks1

あとはポーチ柱の仕上げのつや消し塗装とドア袖のガラス入れ、レバーハンドルの取り付けくらい。ポーチの屋根の軒天を2段にしたのが想像以上に効いたようで、住まいの顔としての佇まいになった気がする。ちょっとしたデザインの変更だったが、その割に大工さんの手間はかかったと思うが、こうした出来栄えの良さを現場のみんなが共有できることは、とても嬉しいこと。

 

こちらも年内引渡し。たぶん、ここが年内引渡しの6軒の現場の・・・6番目になるはず(苦笑)。

 

北沢S邸

世田谷の現場でも足場が外された。

20121116ks1

現在、玄関ドアを取り付け中。建具高さ2,450mmの大きな木製玄関ドアなので、レバーハンドルを手にした時の感触は、既製品のアルミ玄関ドアとは比べものにならない重厚感。枠周りのディテールも改良を重ねて気密性、水密性ともに既製品と遜色ないレベルになってきたと思う。

 

北沢S邸

金曜日の午後は世田谷の現場定例。現場では外壁貼りが進んでいる。

20121102ks3

 

今日は朝から親方が一人黙々と玄関ドアの枠を加工している。

20121102ks2

高さ2,450mmの大きな木製玄関ドア。本来は外部の建具は全て防火仕様にしないといけないが、ここの敷地はとても世田谷とは思えない大きな土地なので、ピンポイントで玄関部分のみ木製でも可能なエリアとして木製玄関ドアにしている。夕方になって建て込みもしたが大人3人でないと作業出来ない重さがあった。

 

内部では大工さんがフローリングを貼っている。

20121102ks1

フローリングは塗装済みのクリのフローリング。いつも使っているナラよりはだいぶ色は濃いめ。内部の色味は全体的にこのクリ色に合わせていく事になる。S邸は既存の古い住まいの建て替えで、実際に元々使われていた丸桁や建具を加工して再利用するので、フローリングもそれらのテイストに合わせている。

 

北沢S邸

さらに記事を読む...

1 / 2 ページ

最初
1