八郷V邸

昨年のGWに上棟して以来、こつこつと施主施工で工事を進めてきた八郷V邸。この間にも何度か現場には足を運んだが、先週になって、やっと完成に近づいたと施主から連絡が届いたので、改めて現場に行って完了検査を受検するに当たって残工事が無いか、確認を行った。

DSCN8773_270

どことなく山小屋風ではあるが、建具の出来が非常に良いので、骨組みが太い割には全体としてはすっきりしている。とても施主施工には見えないレベル。やれば出来るもんだなぁ、とひたすら感心・・・。

完了検査を受検する分には特に不足の工事も無さそうなので、週明けに完了検査を行って、こちらは無事終了となる予定。

八郷V邸

1月に地鎮祭をしたものの、2月の大雪で基礎工事が大幅に遅れた影響で、工程全体がかなりズレ込んでしまった八郷V邸の現場も木工事が進んでいる。

20140327yv_001

3月27日には基礎の1回目の配筋検査。

20140415yv_040

4月15日には2回目の配筋検査。そして、GW明けの5月9日に、

20140509yv_001

無事上棟式を迎えた。今回の工事は、施主自ら施工に携わりたいとの意向により、かなりの部分を施主施工で行う予定。

20140602yv_001

筋交いの一部と屋根が葺き終わった時点で瑕疵担保と一緒に躯体検査を行う予定。

 

八郷V邸

今日は地鎮祭が二つ。午前中は石岡市の旧八郷。

20140112yv001

地元足尾神社の神主さんに建物の地鎮祭と井戸の御祓いをして頂いた。

 

周辺環境は八郷というだけあって、

20140112yv002

雑木林を施主自ら開墾した、とても環境の良いところ。八郷は筑波山を背にして霞ヶ浦に向かうなだらかな地形なので、非常に日当たりも良く穏やかなロケーションになっている。そしてまわりの雑木林はクヌギがメインなので夏は木陰を作ってくれ、やはりこういう場所の建物の主暖房は・・・もちろん薪ストーブ。

 

八郷V邸