◆ACTIVE

これから住まいを建てようとする場合、まず最初に考えることが土地をどうするか。

実家の屋敷の中に建てる人や親から土地をもらって建てる人もいれば、

新たに土地を購入して建てる人もいる。

 

住宅の仕事をしていると当然、土地を探すステップからの相談も多い。

ただし、残念ながらボクは一級建築士の資格はあっても、

宅建の資格を持っていないので、ボクが直接土地の売買に絡むことはなく、

あくまで土地探しをサポートする立場。

 

これまでの土地探しのパターンとしては、

1.施主自ら購入候補地を探してくるパターン

2.対象エリアがあり、ボクと一緒にそのエリアで探すパターン

のどちらか。

高場Y邸や田彦O邸、双葉台M邸などは1のパターン。旭台W邸もある意味このパターンになる。

そしていま、去年から2のパターンで土地を探して来たケースが収束しつつあり、

今日は施主と一緒に不動産会社へ訪問し、

最終に近い販売価格や今後のスケジュールを提示してもらった。

 

土地を購入する場合、やはり気になるのは住まいへの日当たりで、

その対象地の接道が南側でない場合、よほど広い敷地でない限り、

購入前にボクの方で簡単にプランを検討してから、最終決定して頂くことになる。

 

今回の敷地は、

20110821mm

見和2丁目の分譲地。面積は65坪でほぼ正方形に近い形状、西道路という条件なので、

これからボクの方でプランを検討しようと思う。

 

2のパターンの場合、1に比べると時間はかかるが、候補地が絞られてくれば、

ボクは「施主の代理人」として当該建築に関する一切の業務を代行する立場なので、

法的な内容の把握からスケジュール調整はもちろん、価格交渉まで、

ボクが表に立って交渉を進めていく。施主もその方が安心出来るので。

施主からすると土地探しの一番の不安要素は、法律と価格交渉のはず。

 

土地を探すこと自体ボクが行うと、士法とか業法とかに抵触するかもしれないので、

あくまで施主主導でボクはサポートしていくことになり、

ボク自身がそれに係わる時間はさほど多くないため、

土地が決まって、実際に設計監理契約まで締結するまでは、

ボクの方への費用は発生することない。

と言うか、そんな仲介料のような費用をもらったら、それこそ違法になるだろう。

 

土地探しをボクに相談するメリットは・・・、実際にはあまりに生々しくて、

このブログへオフィシャルに書ききれない事も多いので(苦笑)、

これから土地を購入して住まいを建てようとお考えの方は、

気軽にボクのところへ御相談ください。

◆ACTIVE

 

今日から震災で被害を受けた建物の復旧工事が2ヶ所始まった。

一つは旧笠間市内の三洋堂書店。元々ボクが設計監理したわけではないが、

オーナーがボクのお袋の床屋のお客さんなので、面倒見る事になった。

20110425s

 

旧笠間市内は結構地盤が悪く、ここも基礎は杭基礎。

そのおかげで建物自体は傾いていないが、廻りの地盤が下がっており、

給排水の配管が破断していた。後ろのフェンスの基礎のCBを見ると、

どれくらい下がったか、すぐにわかる。駐車場の車止めブロックも傾いている。

内部も直せる所を直して、先行してレンタルだけリスタートする予定。

二つ目は水戸・白梅の住宅。

老夫婦二人でお住まいで、地震により少し住まいが傾いている。

傾きは直す事が出来ないので、これ以上傾かないように、

筋交いを増設・補強して耐震性能をアップさせる工事に入る。

 

20110425m

 

幅2間あったDKとリビングの間に耐力壁をつくっているところ。

筋交いを入れて金物で固定したので、ご夫婦もかなりご安心された様子。

生憎、大工さんにはスケジュールが一杯一杯のところに、

無理無理補強工事を押し込んでもらったので、

次回は少し日を空けて一気に工事を進める予定。

合間に瓜連へ行って外構工事を確認。

20110425h

土留めの工事が進んでいる。配筋が終わってベースのコンクリートを打設中。

相変わらずここのところは、ほとんど事務所を不在にしている状況で、

おまけに今週の水曜日から、一級建築士の製図の講義も始まるので、

何だかんだと慌ただしい日がしばらく続く感じ。

家に帰ると、amazonに注文していた造園のバイブル「日本の樹木」が届いていた。

20110425j

初版は1985年らしいので、もう26年前。造園屋さんに行くと、

どんな木か説明される時に見せられるのが必ずこの本で、

欲しいと思って書店で探しても見当たらないので、ネットで検索して発見。

当然、新品はどこにも無しで、amazonで中古品を購入。

当時の定価4800円なのに、販売価格は5000円強(苦笑)。

でも想像以上に綺麗な状態の本だったので大満足。

同系列の「野草」の本は一昨年増補版がでたようなので、

こちらもそろそろ出るかもしれない。

◆ACTIVE

 

いつもだと、毎週火曜日の朝は石岡の現場定例だが、

先日日曜日に施主打合せも行い、大川くんとも外構その他の確認が出来たので、

代わりに今日は石岡に行かず、すこ~し足を伸ばして・・・、北沢まで遠征。

20110301

続きを読む...

◆ACTIVE

◆ACTIVE

◆ACTIVE

さらに記事を読む...

7 / 8 ページ

7