◆ACTIVE

これからプランニングする住まいの現地調査。

DSCN9630_01

なかなかこれだけ眺望の開けているところに計画する事も珍しい。さて、どんな住まいを計画しようか・・・。

◆ACTIVE

現在ひたちなか市内に施工中の3軒がほぼ同時期に足場が解体された。もう一週間前になるが・・・(苦笑)。

佐和I邸。

DSCN9943_470

外壁の櫛引状仕上げもトラブル無く無事完了(苦笑)。軒天の木の色合いとモノトーングレーの外壁との相性も抜群で、軒の出が深く、平屋らしい伸びやかなプロポーションの住まい。

 

小貫山M邸。

DSCN9924_468

まだバルコニーに設置するスチールの手摺が終わっていないため半分残しで足場解体。こちらの色はエボニー&アイボリーで統一している。総2階建て&切り妻屋根というオーソドックスな形に合わせた、軒の出の寸法、屋根の厚みの見せ方、各部の素材と仕上げ、開口部の大きさや位置を検討した結果の外観。

 

枝川K邸。

DSCN9918_469

水害対策として地盤高を約1m上げているので、道路から見るとずいぶんと背が高く見える。

◆ACTIVE

最近設計中の住まいは、と言うと・・・、

ひたちなか市小貫山に建つM邸。

om

昔ながらの納屋のイメージを残しつつ、かといって新築をエイジングとかまで行くとやりすぎの感もあるので、あくまで新築らしく。住まいは何十年と使っていくうちに馴染んでいくのが理想。今は詳細図の打合せ中でこれから構造計算をする段階まで来ている。

水戸市赤塚のK邸。

ak

すっきりとモダンな住まい。すっきりとさせるために打合せの内容はいつもマニアックな話になるのが楽しいところ。このシンプルな案に至るまでには・・・色々な案を検討しているんです(苦笑)。ぼちぼちと詳細図を進めているところ。

 

最近は旧笠間市内でも設計中で、それがまたどちらも日当たりの悪そ~~なところに建つ(苦笑)。

こちらは中庭とハイサイドライトで日照確保。

ko

こちらは、

kh

このアングルだとまったくわからないが、平面形状が直角二等辺三角形。ガキの頃使っていた三角定規の形(苦笑)。直角の点を屋根の頂点にして斜辺に向かって緩い片流れの屋根をかけているので、正方形の寄せ棟屋根の住まいを4分割した形になる。

そんなこんなで夏が終わる頃までは相変わらず一杯一杯・・・(苦笑)。

◆ACTIVE

昨日から世間並みに仕事始め。

年末に娘がインフルエンザにかかった事もあり、この年末年始はいつもより外出も控えめだったので、懸案のサイト更新のプランなどもじっくり考える時間が取れた。これから個別のページの原稿を書いていく段階。

ちなみに全体の構成案はもちろん大きく変えずに、

 

【blog】

【私たちについて】

【トータルサポート】

【スタイルギャラリー】

【どんな住まいを設計するのか】

【問い合わせ】

 

いまのサイトにある「住まいづくりの流れ」は【私たちについて】にまとめて、代わりにボクがどんな設計をするのかを理解して頂きやすくするために新たに【どんな設計をするのか】というページを加えようかと考え中。

 

そして設計事例は邸別ではなく、キーワード別にして【スタイルギャラリー】に移行。

「平屋に住む」「4×4」「二世帯で暮らす」「ストーブのある生活」「スキップフロアにしたい」「傾斜地や高低差のある土地に建てる」「中庭をながめる住まい」「2階リビングの開放感」「土間のユーティリティ」「憧れのガレージハウス」「住まいの中心はダイニングキッチン」「外壁もいろいろ」「自然素材を使いたい」「住まいと一緒に」

こんなカテゴリーにして初めての人にもわかりやすくしようと模索中。課題はカメラマンに竣工写真を撮ってもらっていないところが多いという事。ちなみに「4×4」とは4間角の住まいのこと。大きな家よりも、この4間角の2階建ての住まいをいかに住みやすく設計するかの方が、設計は難しいので一つのカテゴリーをつくる事にした。平須町K邸美原N邸田彦O邸湯崎K邸吉沢町I邸須坂H邸あたりが対象。それぞれ少し4間角を崩して変化を持たせているので、けして画一的にはなっていないと思う。

 

【私たちについて】については「プロフィール」「大切にしていること」「依頼から完成までの流れ」「設計監理料について」。当たり前だが変化無し。

 

【トータルサポート】には少し手を加えて「資金計画相談」「不動産購入サポート」「施工者選定」「インテリアコーディネート」「庭造り」「建物調査、耐震診断」「リノベーション」。資金計画に始まって土地探しや施工者選定、家具やカーテンブラインド選び、庭造りは今まで通り。これからは既存の住まいのリノベーションも増えてくるはず。

 

新たにつくる【どんな設計をするのか】には「価値観に合う住まい」「素材と仕様について」「回れる動線をつくる」「家事スペースの工夫」「収納のアイディア」「子ども室のしつらえ」「緑となじむ住まい」「地震に強い木の住まい」「火災に強い木の住まい」「暖かな住まいのプランニング」「断熱工法について」「火のある住まい」として、スタイルギャラリーのキーワードとも似ている感じ。

 

最大の課題はスマートフォン、タブレット、PCの3種類のデバイスで見やすいようにする事で、これはサイト制作者とご相談。技術力の高い人なので、ボクの期待にも応えてくれるはず。

 

そんなこんなでいつまでも放置するわけにもいかないので、原稿が進み次第こちらにもアップしていこうと思う。

◆ACTIVE

昨日の時点でまだかなり訪問先が残っている状況ですが、実は夕べより娘がインフルエンザを発症して寝込んでおります。当然、ボクにもうつっている可能性がありますので、まだ伺っていない訪問先については、少し様子を見て、大丈夫そうであれば年明け3日、4日あたりに新年のご挨拶に伺いたいと思います。

娘のインフルエンザとは別に、先週前半にボクの方は風邪をひいており、元々喘息持ちという体質のため咳こみます。昨日あたりもまだその時の咳が残っていたため、もしかするとウィルスの飛沫を放出していた可能性があります。すみません。

嫁さんの話では、夕べの笠原町の救急はまさに野戦病院状態だったらしく、皆さんもどうかお気をつけて新年をお迎えください。

◆ACTIVE

さらに記事を読む...

2 / 8 ページ

2